1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ライオンジャパンオープン3日目③ 【男子ダブルス】森薗/大島と丹羽/吉村が準決勝へ

ライオンジャパンオープン3日目③ 【男子ダブルス】森薗/大島と丹羽/吉村が準決勝へ

男子ダブルス準々決勝では、森薗/大島、丹羽/吉村の日本の2ペアが登場。いずれも勝利を収めて準決勝へと駒を進めた。
 
森薗(左)/大島は厳しいプレーで中華台北ペアに勝利

丹羽(左)/吉村も勝利。準決勝は日本ペア同士の対決に

 森薗/大島は陳建安/江宏傑(中華台北)と対戦。序盤から台上の厳しいプレーと前陣での強打で相手を台から下げる展開が続いた日本ペアがリード。第1ゲームを11-4で先制した。続く第2ゲームは4-5とリードされたところから4連続得点で逆転。大島のフォアハンドドライブが得点源となり11-7でゲームを連取した。第3ゲームは10-9とマッチポイントを握ったところから追いつかれたが、最後は相手のサービスをレシーブから厳しくドライブで対応して13-11で勝利を収めた。

 丹羽/吉村は何鈞傑/黄鎮廷(香港)と対戦。第1ゲームは出足から日本ペアが大きくリードする。吉村の両ハンドドライブのコース取りがさえて6連続得点。このリードを最後まで保って11-8でゲームを先取した。第2ゲームは10-8とゲームポイントを握ったところで日本ペアがタイムアウト。続くラリーで丹羽がバックハンドを決めてゲームを連取した。第3ゲームを奪われた日本ペアが第4ゲームは吉村のサービスから丹羽が3球目攻撃を決めるなど、着実に得点を重ねてゲームカウント3対1で勝利。この結果、準決勝で森薗/大島対丹羽/吉村の対戦が決まった。

 このほか、馬龍/許昕、樊振東/林高遠の中国勢がベスト4に進出。いずれのペアも苦戦したが、要所を締めて準決勝進出を決めた。
 


<男子ダブルス準々決勝>
森薗/大島(明治大/木下グループ) 4,7,11 陳建安/江宏傑(中華台北)
丹羽/吉村(スヴェンソン/名古屋ダイハツ) 8,8,-9,6 何鈞傑/黄鎮廷(香港)
樊振東/林高遠(中国) 7,11,-6,-6,6  金珉鉐/林鐘勳(韓国)
馬龍/許昕(中国) -10,1,5,6 K.カールソン/M.カールソン(スウェーデン)

今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯2017:http://japantabletennis.com/japanopen2017/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事