1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 第48回全国中学校大会3日目④ 女子団体は四天王寺が優勝

第48回全国中学校大会3日目④ 女子団体は四天王寺が優勝

大会3日目は男女団体の決勝トーナメントが行われた。女子団体は、四天王寺(大阪)が昇陽との大阪勢同士の対決を制して頂点をつかんだ。


 四天王寺は準決勝で玖珂(山口)を破ると、決勝で昇陽と対戦。トップに起用された1年生の大藤が、持ち味の攻撃力の高さを発揮して先制点をもたらすと、1対1で迎えた要のダブルスでは髙橋/萩井がストレート勝ち。優勝に王手をかけた4番では、大川が稲垣とのラリー戦を制して、王座を手中に収めた。四天王寺は大会を通して落とした試合はわずかに1と、圧巻の強さで頂点へと上り詰めた。
 昇陽は昨年に続く2位となった。決勝で得点を挙げた杉田をはじめ、麻生、稲垣と、力のある選手たちがそろったが、悲願の初優勝にはわずかに届かなかった。
 3位には玖珂と就実(岡山)が入賞。玖珂は岡本勝則監督のもと、各選手が力を発揮して3年ぶりに表彰台をつかんだ。就実は準々決勝で中間東との激戦を制すなど総合力の高さでベスト4に進出した。
 

<女子団体決勝>
四天王寺(大阪) 3-1 昇陽(大阪)

<女子団体準決勝>
四天王寺(大阪) 3-0 玖珂(山口)
昇陽(大阪) 3-0 就実(岡山)

 

140822-01.jpg四天王寺が女子団体を制す!

140822-01.jpg1年生の大藤は主力としてチームの優勝に大きく貢献

14-0822-02.jpg昇陽は杉田が気迫のプレーで得点を挙げたが、悲願達成ならず

14-0822-02.jpg玖珂は3年ぶりの4強入り。写真は準決勝のトップで出場した日浦

14-0822-02.jpg就実は一致団結したプレーで4強入り


卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信します。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
第48回全中 卓球:http://www.oita-ctr.com/zenchu-takkyu

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事