1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会4日目① 〜女子団体準決勝、黒竜江と四川が決勝へ〜

第13回全中国運動会4日目① 〜女子団体準決勝、黒竜江と四川が決勝へ〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。この大会は4年に1回、40種の競技の中国一が決められる大会だ。中国卓球界ではこの大会の位置づけは非常に高く、レベルの高い争いが繰り広げられている。大会4日目は男女団体の準決勝が行われ決勝に進出する2チームが決まった。
 

20130517-23.jpg四川はエース朱雨玲、監督は邱貽可

20130517-23.jpgラストで四川の決勝進出を決めた郭艶
 
20130517-23.jpg世界女王・丁寧が檄を飛ばすが決勝進出はならず
 
20130517-23.jpg黒竜江は王曼昱が2点取りで決勝へ
 

■女子団体準決勝
 黒竜江 3-2 湖北
 車暁曦 -8,9,-7,-10 馮亜蘭○
○王曼昱 9,-6,3,3 張瑞
 王璇 -8,-7,9,-14 孫芸禎○

○王曼昱 8,5,8 馮亜蘭
○車暁曦 7,4,9 張瑞

 四川 3-2 北京
○朱雨玲 5,8,-8,4 盛丹丹
 郭艶 9,7,4 丁寧○
○范思琦 -9,9,-8,3,3 李佳原
 朱雨玲 -3,6,9,-5,-5 丁寧○
○郭艶 6,-7,9,9 盛丹丹


女子団体準決勝2試合が行われ、黒竜江と四川が決勝進出を決めた。
 黒竜江は若手エースの王曼昱が2点取り。4番のエース対決では馮亜蘭をストレートで破りラストにつなぐと、車暁曦が決定力の高いフォアハンドで仮想伊藤美誠と言われるバック面表ソフトの張瑞を破って決勝進出を決めた。決勝では王曼昱と車暁曦という2人の若手が朱雨玲にどこまで通用するのかに注目だ。
 四川は朱雨玲が4番で丁寧とのエース対決に敗れたが、3番でゲームオールの接戦に勝った范思琦の1点がきいて、勝負はラストに持ち込まれた。前半で失点している同士の対決は、郭艶がネットインなどのラッキーポイントが多く、バック対バックからバックスストレートをうまう突く盛丹丹に2対1とリード。第4ゲームは盛丹丹リードで進むが、邱貽可監督、朱雨玲らベンチの後押しもあり、粘り強くラリーを戦い逆転。世界女王を擁する北京を破って四川が決勝進出を決めた。

卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事