1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会9日目③ 〜女子複、顧玉婷/木子が優勝〜

第13回全中国運動会9日目③ 〜女子複、顧玉婷/木子が優勝〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。大会9日目は男子ダブルス、女子ダブルスの準決勝、3位決定戦、決勝が行われた。

■女子ダブルス決勝
顧玉婷/木子(山東/解放軍) 7,8,10,-8,6 朱雨玲/陳夢(四川/山東)

■女子ダブルス3位決定
丁寧/劉詩雯(北京/広東) 2,-9,6,-11,9 劉高陽/馮亜蘭(山東/湖北)


準決勝で世界王者ペアの丁寧/劉詩雯に完勝した顧玉婷/木子は、決勝でも勢いのあるプレーを見せてくれた。
フィジカルが強く、動きのいい両者はフォアハンドでの決定打があり、先手を取って先に攻める意識が高い。一方の朱雨玲/陳夢は技術的な総合力は高いものの、ブロック力の高さからかそれほど先手を取らなければという意識がないように見える。可能な限りフォアハンドで攻めようとする顧玉婷、木子が勢いに乗ったプレーで3ゲームを連取。早くも優勝に王手がかかった顧玉婷/木子だが、第4ゲームは顧玉婷が序盤から優勝を意識してかチャンスボールをミス。その後も顧玉婷のミスで離され朱雨玲/陳夢が取り返す。
しかし、気持ちを引き締め直した顧玉婷/木子は第5ゲームで得意のフォアハンドで攻めて7-1と大きくリード。焦りがプレーにも出た朱雨玲も普段はしないようなミスが出て、10-5。最後まで自分たちの形で攻めきった顧玉婷/木子が優勝を飾った。
丁寧/劉詩雯、朱雨玲/陳夢と世界卓球1位、2位のペアを下しての優勝は文句ないだろう。木子は曹臻と組んだ前回大会に続いて女子ダブルス2連覇を達成した。


 
顧玉婷(左)/木子は堂々たる中国一のペアに

攻める意識が光った顧玉婷/木子
 
ガッツポーズで観客の声援に応えた
 
ベンチに入った元ペアの曹臻とも抱擁
 
朱雨玲(右)/陳夢は終始、守勢に回った
 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事