1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界ジュニア
  4. 2017イタリア
  5. 2017年世界ジュニア7日目⑤加藤が準決勝進出!

2017年世界ジュニア7日目⑤加藤が準決勝進出!

世界ジュニア選手権イタリア大会7日目、女子シングルスの準々決勝が行われ、加藤が昨年の世界ジュニアに続き2年連続でベスト4入り。中国の表彰台独占を防いだ。

 

加藤は2年連続のベスト4入り
 
孫穎莎は初優勝を目指す
 
長﨑は孫穎莎に先制するも善戦及ばず
 
銭天一はラリー戦で木村をわずかに上回った
 
少ない国際経験ながら中国選手を苦しめた木村は大健闘
 
王曼昱は3回目の優勝に向けて着実にあゆみを進めた
 


<女子シングルス準々決勝>
孫穎莎(中国) -7,7,6,9,5 長﨑実柚(日本)
銭天一(中国) 12,11,6,-11,-11,7 木村光歩(日本)
加藤美優(日本) 7,16,7,-7,6 ツァン(スペイン)
王曼昱(中国) 2,4,8,5 周穎詩(香港)

日本からは加藤がただ1人、ベスト4に勝ち残った。3回戦で韓国のエース金智淏をラリー戦の末に退けた加藤は、2回戦で昨年の世界ジュニア女王、石洵瑶を破ったスペインのツァンと対戦。フォアハンドスマッシュを多用するツァンに対して、加藤も負けじとスマッシュで得点を重ねる。相手を台から離して得意の形に持ち込ませない巧みな試合運びで4対1で快勝。2年連続の準決勝進出を果たした。
孫穎莎に挑んだ長﨑は、第1ゲームを先行したものの、リスキーな台上からの厳しい攻めでミスを誘われ、得意の両ハンドドライブでの得点に結びつけられなかった。
木村は銭天一とのラリー戦で好ゲームを演じた。第1、第2ゲームのジュースを落としたことが悔やまれるが、ラリー戦で一歩も引かずに、中国選手を脅かしたことは大健闘といっていいだろう。
3度目の優勝を狙う王曼昱は香港の周穎詩をシャットアウト。両ハンドの決定力はもはやジュニアレベルではない。



卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート1月号に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事