1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー
  5. 2017ワールドツアー・グランドファイナル2日目④ 石川、伊藤がベスト8進出

2017ワールドツアー・グランドファイナル2日目④ 石川、伊藤がベスト8進出

女子シングルス1回戦は石川佳純、伊藤美誠が勝利を収め、ベスト8進出を果たした。


石川はハン・インのカットを攻略して準々決勝進出

伊藤(右)は森との同士打ちを制した

佐藤は王曼昱に迫るプレーを見せるも敗戦

早田(右)は朱雨玲と激闘を繰り広げたがわずかに及ばず

<女子シングルス1回戦>
王曼昱(中国) 6,6,7,-8,10 佐藤瞳(日本)
石川佳純(日本) 3,9,-9,-10,6,4 ハン・イン(ドイツ)
伊藤美誠(日本) 8,8,7,-8,-5,5 森さくら(日本)
朱雨玲(中国) -9,-4,8,8,5,-9,7 早田ひな(日本)

 石川はハン・インと対戦。カット対策をしてきたという石川は序盤の2ゲームを連取。第3、第4ゲームは「相手のカットの変化に対して見極めが甘くなり、カット打ちが雑になってしまった」と語り、ゲームを落としたが、第5ゲームからは、強打するボールとつなぐボールをしっかりと見極めて得点を重ねた。簡単には打ち抜けないハン・インのカットをきっちりと攻略して8強進出を決めた。

 伊藤は森と対戦。序盤は伊藤がバック対バックで森をリード。浮いたボールにはすかさずバックハンド強打で押し込むなど、3ゲームを一気に連取した。第4、第5ゲームは森の思い切りの良い攻撃と伊藤のミスが重なり、落としたものの第6ゲームは「緩急をうまく使ってラリーを展開することができた」と、戦術転換が奏功し、勝利。同士打ちを制して準々決勝へと駒を進めた。

 佐藤は王曼昱(中国)と対戦。王曼昱の攻撃に対してカットを主体に戦った佐藤だが、ゲームカウント0対3と苦しい展開となる。しかし、第4ゲームから「両ハンドでの攻めの形を増やした」というとおり、サービスから3球目で強打を打つなど、積極的な攻めで王曼昱から1ゲームを奪取。第5ゲームもサービスが効果的に決まるなど、接戦を繰り広げたが、一歩及ばず。試合後、「第4ゲームからのような試合展開で戦うべきだった」と振り返った佐藤。敗れはしたが、収穫のある戦いとなったといえるだろう。

 早田は朱雨玲(中国)と対戦。早田は前陣でピッチの速いバックハンドを主体にした攻撃で朱雨玲をリード。サービスからの展開でもラリーの先手を奪うなど、積極的なプレーで2ゲームを連取した。第3ゲームも早田がリードする展開となったが、朱雨玲が早田のフォアサイドにバックハンドドライブを打ち抜くなど、逆転でゲームを奪取。早田はここから流れを取り戻したいところだったが、勝負どころで得点を挙げることができずゲームオールの末に敗戦。しかし、中国の主力を相手に互角の打ち合いを演じたことは大きな自信となったはずだ。来年以降の早田のさらなる進化に期待したい。


卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事