1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 混合ダブルスは注目の張本/平野が初戦突破

全日本卓球2018 混合ダブルスは注目の張本/平野が初戦突破

混合ダブルス2回戦では注目の張本/平野(JOCエリートアカデミー/JOCエリートアカデミー・大原学園)や前年度王者の田添/前田(専修大/日本生命)らが登場し、勝利を収めた。


 張本/平野は二木/後藤(駒澤大/中央大)と対戦。第1、第2ゲームはフォアサイドへの攻めに対して体勢を崩される場面もあったが、勝負どころではレシーブからチキータで積極的に攻めてゲームを連取。これでリズムをつかんだか第3ゲームは序盤からリードを広げてストレート勝ちを収めた。試合後、張本は「初戦でミスが出ましたが、徐々に良くなりました。平野選手のサービスが良くて、僕が何もしなくても点が入るような展開でした。次も良い試合がしたいです」と話した。また、平野は「初戦だったので1ゲーム目は緊張しましたが良いプレーができました。最後になるに連れていい試合ができました。張本選手はレシーブから質が高くてあらためてすごいと思いました。向かっていく立場で頑張りたいです」と語った。


 3連覇を狙う田添/前田は千葉/木村(埼玉工業大/正智深谷高)と対戦し、3対0で勝利。王者らしい落ち着いた試合運びが光った。世界卓球2017デュッセルドルフ金メダルの吉村/石川(名古屋ダイハツ/全農)もストレート勝ち。第3ゲームこそジュースにもつれたが、勝負どころをしっかりと締めて勝利をつかんだ。このほか、注目の大島/早田(木下グループ/日本生命)、森薗/伊藤(明治大/スターツSC)も順当に3回戦へと駒を進めた。

 

張本(右)/平野は初戦で固さが見られたがストレート勝ち
 
田添(右)/前田は王者の強さを見せる戦いぶりで次ラウンドへ

吉村(右)/石川は要所を締めて勝ち進んだ

大島(右)/早田は初出場ながら連係の良さが光った

森薗(左)/伊藤は前陣での速攻で攻め立てて勝利
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事