1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 混合ダブルス4回戦 前年度王者の田添/前田、張本/平野が敗れる

全日本卓球2018 混合ダブルス4回戦 前年度王者の田添/前田、張本/平野が敗れる

混合ダブルス4回戦では前年度王者の田添/前田(専修大/日本生命)、張本/平野(JOCエリートアカデミー/JOCエリートアカデミー・大原学園)といった強豪ペアが敗戦するなど、ハイレベルな戦いが繰り広げられた。


 田添/前田は森薗/伊藤(明治大/スターツSC)と対戦。序盤から前陣で攻め立てる森薗/伊藤に対して苦しい戦いを強いられた田添/前田。一方の森薗/伊藤は前田のバック面での変化を付けた攻撃にも森薗が果敢に前陣で強打を決めるなど、森薗が伊藤を引っ張って第1ゲームを先制すると、第2ゲーム以降は伊藤も前陣でフォアハンドを叩き込むなど、圧巻のプレーで勝利を収めた。敗れた田添/前田は試合後、「1ゲーム目、緊張している中で取れなかったのが苦しかったです。以前にも対戦したことはありましたが、打球点が早くて展開が速くてついていけなくて自分たちの展開に持ち込むことが難しかったです(田添)」「朝一番の試合で体が温まっていなくて、試合が終わるのも早くてまだ実感がないです。先に仕掛けられることが多くなって難しいボールも無理に打ちにいってしまった。そうした中でサービスを厳しくしなきゃと思ってミスをしたり、相手にプレッシャーをかけられたりしていて押されてしまいました。(前田)」と振り返った。

 多くのメディアの注目を集めた張本/平野は平成25年度チャンピオンの張/森薗(東京アート/日立化成)に敗れて敗退。ゲームカウント2対1とリードした張本/平野だが、台から離されたときのラリー戦で得点を奪うことができず、フルゲームの末に敗れた。試合後、平野は「2-1とリードしていいペースだったが、自分のミスが多くて負けてしまい悔しいです。まだまだ個人の力でプレーしている部分が多いのでダブルスとして強くなることができればさらに勝つことができると思います」と、リードをしながらも勝ちきれなかったことを悔やんだ。

 このほか、昨日、苦しみながらも勝利を収めた吉村真晴/石川(名古屋ダイハツ/全農)は吉村和弘/平野(愛知工業大/豊田自動織機)と対戦。吉村兄弟による対決となったこの一戦は吉村真晴が得意のサービスから得点を挙げるなど、キレのあるプレーで石川をけん引。試合全体を通して安定した戦いを見せてベスト8進出を決めた。 3度王者に輝いた田添/前田でも勝ち上がることができないほど、熾烈を極める混合ダブルス。頂点をつかむのはどのペアなのか。この後行われる準々決勝にも注目だ。4回戦の結果は以下の通りとなっている。


<混合ダブルス4回戦>
森薗/伊藤(明治大/スターツSC) 3-0 田添/前田(専修大/日本生命)
及川/安藤(専修大) 3-0 大西/小脇(関西学院大)
大島/早田(木下グループ/日本生命) 3-1 沼村/中村(野田学園高/岩国商業高)
森田/平(シチズン時計/サンリツ) 3-1- 川島/加藤(JR北海道)
軽部/松本(シチズン時計/サンリツ) 3-0 横山/土田(原田鋼業/中国電力)
郡山/秋田(専修大/中央大) 3-0 坪井/平(筑波大/日立化成)
張/森薗(東京アート/日立化成) 3-2 張本/平野(JOCエリートアカデミー/JOCエリートアカデミー・大原学園)
吉村真晴/石川(名古屋ダイハツ/全農) 3-0 吉村和弘/平野(愛知工業大/豊田自動織機)

 

前年度王者の田添(右)/前田は4回戦で姿を消すことになった
 
張本/平野はゲームオールの末に敗退

森薗(左)/伊藤は連係の良さが光りチャンピオンペアに勝利

吉村(右)/石川は安定したプレーでストレート勝ち

大島(右)/早田は沼村/中村の高校生ペアを破った

及川(左)/安藤は大西/小脇との学生ペア同士の対決を制した

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事