1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 女子シングルスに平野、伊藤らスーパーシードの選手が登場

全日本卓球2018 女子シングルスに平野、伊藤らスーパーシードの選手が登場

女子シングルスは4回戦がスタート。前年度王者の平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)や伊藤美誠(スターツSC)らが5回戦へと勝ち進んだ。


 平野は木村香純(四天王寺高)と対戦。ピッチの速い攻撃に対しても食らいつく木村に1ゲームを奪われた平野だが、冷静にコースを打ち分けて4対1で勝利。平野と同年代の伊藤、早田ひな(日本生命)らも順当に5回戦へと駒を進めた。また、王座奪還を狙う石川佳純(全農)は異質ラバーを使う阿部愛莉(早稲田大)に苦しみながらも勝利を収めた。

 一方、昨年ベスト8の鈴木李茄(日立化成)は木原美悠(JOCエリートアカデミー)に1対4で敗戦。互角のラリー戦を続けたが、木原を上回ることができなかった。勝利を収めた木原は「両ハンドで自分から攻めることができました。思い切りよくプレーできました」と試合を振り返った。また鈴木と同じく昨年ベスト8の三宅菜津美(中国電力)は大矢未早希(サンリツ)に敗れて4回戦敗退。このほかにもファイナリストの経験がある森薗美咲(日立化成)、土田美佳(中国電力)らスーパーシードの選手が敗退。シード選手といえど、簡単には勝ち上がることはできないということをあらためて感じさせられるラウンドとなった。

 

前回王者の平野は木村に4対1で勝利
 
伊藤は混合ダブルスに続くタイトル獲得を目指す

加藤は木村光歩を破って5回戦へ

鈴木は木原の前に4回戦敗退となった

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事