1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成29年度
  5. 全日本卓球2018 女子シングルスは平野、佐藤らがベスト16入り

全日本卓球2018 女子シングルスは平野、佐藤らがベスト16入り

女子シングルスはランク入りをかけた5回戦が行われ、昨年の王者の平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)らが6回戦進出を決めた。


 連覇を狙う平野はサウスポーの馬場麻裕(アスモ)と対戦。第1ゲームは固さが見られ、浮いたボールに対してフォアハンドをミスする場面もあったが、接戦でも相手の両サイドを速く、厳しく突く攻撃でゲームを先制。第2ゲーム以降は馬場のフォア、ミドルを的確に突く両ハンドでゲームを優位に運んだ平野。4対0で勝利を収めてベスト16へと歩みを進めた。敗れた馬場は「1ゲーム目ですっきり取れなかったのが後につながり、相手に余裕を与えてしまいました。競った場面で相手が何をしてくるかわからなくて迷ってしまいました。持っている技術以上に戦術が多くて、競っている場面で強さを感じました」と、試合を振り返った。


 昨日、池上玲子(愛媛銀行)とのカットマン対決を制した佐藤瞳(ミキハウス)は平田有貴(アスモ)と対戦。第1、第2ゲームは丁寧なカット打ちを見せる平田と接戦を繰り広げるが、勝負どころでミスをしない佐藤が2ゲームを連取。これで試合のペースをつかんだ佐藤は第3ゲーム以降も落ち着いたプレーでストレート勝ち。フォアクロスでは引き合いを制すなど、攻撃力の高さも見せて次戦へと勝ち進んだ。


 前田美優(日本生命)は昨年に続いてランク決定戦で加藤美優(日本ペイント)と対戦。バック面の表ラバーで変化を付けて加藤のミスを誘うなど、2ゲームを連取した前田。その後は前田のボールに対応し始めた加藤に2ゲームを奪われたが、第5ゲームからは果敢な攻めでラリーの主導権を握り、4対2で勝利。昨年に続く加藤との戦いを制してベスト16入りを決めた。敗れた加藤は「ラリーで勝てなかったのが敗因です。途中でストップが止まらなかったり、ツッツキが浮いたりしてしまいました。世界卓球の1次選考会でも敗れていて、対策を練ってきましたが勝てませんでした」と語った。


 このほか、昨年ベスト8の松澤茉里奈(十六銀行)は奥下茜里(日本大)にストレート勝ち、大矢未早希(サンリツ)は前瀧初音(東京富士大)に4対1で勝利して昨日に続きスーパーシードの選手を連破して勝ち上がった。このほかの結果は以下の通り。
 

<女子シングルス5回戦>
平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園) 4-0 馬場麻裕(アスモ)
芝田沙季(ミキハウス) 4-2 田代早紀(日本生命)
森薗美月(サンリツ) 4-3 笹尾明日香(横浜隼人高)
松澤茉里奈(十六銀行) 4-0 奥下茜里(日本大)
大矢未早希(サンリツ) 4-1 前瀧初音(東京富士大)
永尾尭子(アスモ) 4-1 塩見真希(四天王寺高)
前田美優(日本生命) 4-2 加藤美優(日本ペイント)
佐藤瞳(ミキハウス) 4-0 平田有貴(アスモ)

 

平野はサウスポーの馬場を破りベスト16入り

佐藤は安定感のあるカットで勝ち上がった

前田は昨年に続く加藤との対戦に勝利

大矢は4回戦に続きスーパーシードの選手を連破

 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事