1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2018ハルムスタッド
  5. 【男子団体】香港戦の監督・選手インタビュー

【男子団体】香港戦の監督・選手インタビュー

準々決勝進出を決めた日本男子。本当の戦いはこれからだ!
 

■倉嶋監督のコメント
「快勝でしたね。張本が1番で黄鎮廷に勝ったことは、相手のチームにとっても大きな打撃になったと思いますし、トップバッターでいい仕事をしてくれたと思います。張本の調子はかなり上がってきていますね。今の試合は素晴らしく課題でもあるフォアハンドがよかった。バックハンドは相手の裏面バックハンドに球質が合わない部分があってそこで少しミスは出てしまったんですが、その分をカバーするくらいフォアハンドがよかったですね。
 唯一水谷の試合はひやひやした感じはあったんですが、相手も水谷相手だからということで思い切ってやってきている部分があって、それに対して読み違いというのが前半少しあったのかなと思います。でも最後のゲームはさすが水谷というサービス・レシーブのよさと、バックハンドの思い切りの良さが出ました。
 3番の起用は迷いましたが、何鈞傑か林兆恒が来ると思っていたんですが、何鈞傑にも3勝0敗、今日の相手は一回も対戦したことがない相手でしたが、初めて丹羽と対戦する相手はほとんど丹羽のサービスが取れないので、今日は相手になれさせないために1ゲーム目から3ゲーム目までずっと違うサービスを出しながらやりました。本当は相手もチキータレシーブがすごくうまい選手ですが、なかなか強いチキータを打てずにそれで丹羽がカウンターを狙うという展開になりました。
 3番は団体戦においてはすごく重要なので、これだけ層の厚い日本が3番手で負けちゃダメだと思います。1、2番と違って1回しか試合ができないので、勝たなくてはいけないというプレッシャーがある中、丹羽は気持ちを切り替えてよく戦ってくれたと思います。
 もうみんなイングランド戦のことは忘れていて、モチベーションが上がるようなドローもたまたま引けたので、目の前の一戦一戦を戦うことでいいメダルを獲れるチャンスが出てくると思います。ドローは写真をLINEで選手に送りましたが、智和は興奮してました(笑)
 智和が今の感じでいくと、もう波が落ちるときがないかなと思うので、それがすごく日本にとっては強力な材料になるし、水谷もだんだん復調してきた。そして、3番手の丹羽もなんとなくはまってきたというところで、少しずつですがベストの日本チームに近づいてきていると思います。
 香港に勝ってやっと生き返ったようなところですが、次の韓国も強敵で、まずは最低限の目標であるメダル獲得を確定させて、そのあとドイツ、中国とチーム一丸となって頑張りたいと思います」

■張本選手のコメント
「緊張はありましたが、僕が勝てばチームが勝てると思ってプレーしました。
 次で中国と当たる可能性もあったのでラッキーな方だと思って、今日と同じ気持ちで明日も頑張りたいです」

■水谷選手のコメント
「プレー自体はそんなによくなかったですけど、戦術はかなり3,4ゲーム目はいい戦術で戦うことができて、自信を持ってプレーができましたね。やはり、1番で張本が勝ってくれたので、自分が勝てば絶対にチームが勝てると思ってあきらめないで頑張りました。
 1回負けたことによって気が引き締まったというか、日本は強いチームですが、どのチームにでも負ける可能性もあるので、自分が2点取ってチームに貢献したいとあらためて思いました」

■丹羽選手のコメント
「僕が試合に出る出ないよりも日本が勝つことが最優先なので、2日間出られなかったですけど、いつ起用されてもいいように、しっかり準備はしていました。1-1で回ってきたらすごく緊張すると思うんですが、2-0で回ってきたときはすごいいい流れで、とてもやりやすくプレーできました。
 結果的に、決勝まで中国と当たらないドローが引けたのはよかったと思います。切り替えてトーナメント頑張りたいです」

 

卓レポ.comツイッター:https://www.twitter.com/takurepo/
ITTF(国際卓球連盟):https://www.ittf.com
LIEBHERR WORLD TABLE TENNIS CHAMPIONSHIPS 2018:https://wttc2018halmstad.com
 

(写真/文=佐藤孝弘)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事