1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 女子学校対抗は四天王寺と遊学館が決勝へ!

女子学校対抗は四天王寺と遊学館が決勝へ!

男女学校対抗の準決勝が行われ、それぞれ決勝進出校が決定。女子は、四天王寺(大阪)と遊学館(石川)が決勝に進出した。


四天王寺 3-1 愛み大瑞穂
本井 -10,-7,-3 野村◯
◯宮崎 -4,9,5,8 板花
◯宮崎/髙橋 9,-8,7,8 大島/野村
◯塩見 6,4,4 大島
 
 
宮﨑が2番で気迫の勝利!

キャプテンの塩見が4番で決勝点!

野村がトップで先制するも後が続かなかった

 

 四天王寺(大阪)と愛み大瑞穂(愛知)の試合は、がっぷり四つの戦いになった。愛み大瑞穂のエース・野村がトップで先制すると、2番は四天王寺のエース格・宮崎が取り返す。

 勝敗を決めたのは、3番のダブルスだった。宮崎/髙橋対大島/野村の試合は激しいラリー戦になったが、要所でより強気に攻めることができた四天王寺ペアに軍配。これで流れに乗った四天王寺は、4番のエース・塩見が気迫の速攻で大島をストレートで退け、決勝進出を決めた。
 過去に、武田・川越から藤沼の世代にかけて6連覇を達成している四天王寺。明日は2度目の6連覇なるか。四天王寺の戦いぶりに注目したい。
 


遊学館 3-2 明徳義塾
◯相馬 -7,3,5,6 高田愛
千葉 -6,-3,8,9,-7 里川
◯出雲/相馬 10,5,8 里川/船場
平川 -9,-8,5,-7 船場
◯出雲 3,8,9 岡田
 

相馬の加入は遊学館にとって一騎当千だろう

エースの出雲がラストで締めた!

明徳義塾は4番の船場が勝ってラストに望みをつないだが…

 遊学館(石川)と明徳義塾(高知)はラストまでもつれる接戦になったが、層の厚さで遊学館が逃げ切った。
 前半で1点ずつを取り合うと、3番は女子ダブルス王者の出雲/相馬が明徳義塾ペアを圧倒し、王手をかける。4番は明徳義塾の船場が遊学館の平川を下したものの、ラストは遊学館のエース・出雲が明徳義塾の岡田をストレートで下し、決勝進出を決めた。
 スーパールーキー相馬の加入によって、回るかどうか分からないラストにエースの出雲を置けるのが遊学館の大きな強みだ。加えて、団体戦の鍵を握るダブルスも日本一を取っている。明日は四天王寺の6連覇を阻止し、女子ダブルスに続く全国タイトルを遊学館にもたらすのか。勝敗は神のみぞ知るところだが、いずれにしても熱い戦いになるのは必至だ。
 
 

卓レポツイッターでも速報を配信中。ぜひご覧ください!

全国高体連卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net
インハイTV:https://inhightv.sportsbull.jp

(写真=佐藤孝弘 文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top