1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 男子学校対抗優勝・2位監督インタビュー

男子学校対抗優勝・2位監督インタビュー

男子学校対抗決勝で見事3連覇を達成した愛工大名電の今枝監督と、初の決勝進出を果たした鶴岡東の杉野森監督に学校対抗を振り返ってもらった。

●男子学校対抗優勝 愛工大名電 今枝一郎監督インタビュー


18ih-07-91.jpg
地元開催ということは前々から意識していましたが、長年、理事長、総長を務めてこられた後藤淳先生が亡くなられた直後の大会でしたので、みんな喪章を着けて、そういう思いを伝えて、意識を高く持って過ごしてきたので、その思いが果たせて恩返しができて本当によかったと思います。鶴岡東さんとは去年も当たっていますが、去年は(木造、髙見がいて)うちがドリームチームのようなチームだったので、それとは全然状況が違うなかで、個人戦で田原が中橋君に勝ったということで、もしかしたら向こうのオーダーが変わったのかなという気もしています。

それにしても、全日本で曽根が中橋君に負けていたので、すべては今日の1番ですね、よく頑張ったと思います。よく、ジュースを2つ、取れそうなゲームを続けて落として、普通だったら負けるパターンですが、よく勝ったと思います。気持ちは試合に入る前につくっているので、伝えたのは作戦だけです。曽根は最後の一本を取るときに「取りたい」という気持ちが強すぎるので、心の問題を少しと、こういう風に行こう、こうやって打とう、ここへ打とうという作戦だけを伝えました。

田中は横綱相撲で、といっても僕の中ではいっぱいいっぱいなんですけど(笑)、勝ってくれてよかったです。ダブルスも個人戦優勝の力通り出してくれて、自分自身をよくコントロールしてくれたなと思います。
(学校対抗を振り返って)全部の対戦相手を意識していました。特に、静岡学園さんや東山さん、2回戦の福井商業さんも、中村君と田中が当たったからよかったものの、どうなってもおかしくないと思って見ていました。
シングルスでも現時点でベスト8に3人も残ってくれて、特に田原なんてそういう成績を残してきていない中で、よく頑張ってくれていると思います。ダブルスもベスト8に4組入って、無名の選手たちがよくやってくれているのはうれしいですね。


●男子学校対抗2位 鶴岡東 杉野森大輔監督インタビュー

18ih-07-92.jpg
やはり、日本一の学校さんなので名前負けをしないように、あとは、目標はもちろん日本一ですが、5年連続のベスト8以上にまずは入って、そこから勢いと組み合わせがあったので、なかなか簡単に決勝までは行けるものではないと思っていました。でも、インターハイは魔物じゃないですけど、ピンチやチャンスを何度も経験しているので、準々決勝あたりからいろいろなミラクルというか、神様が降りてきたというような部分がたくさんあったので、力だけではなく、運も味方してくれたのかと思います。はっきり言って、実力かどうかは分かりませんが、子どもたちがてっぺんまで行きたいという目標を感じられた大会だったので、敗れはしましたが、子どもたちは頑張ったし、本当にすごいものを見せてもらったと、今も「ありがとう」と伝えました。ただ、目標は日本一なので、またもう一回やり直ししようという話はさせてもらいました。

全日本ジュニアで曽根君と中橋が当たって、結構競ってやっと勝ったんですが、この決勝もそこを突破口にして、あとはダブルスにつなげればなという感じで、日本一に何度もなっている学校さんなので、ぶつかっていかないと崩せないよという話は伝えました。2対0から、中橋のレシーブのときの展開をがらっと変えられたので、そういうところも日本一の学校さんだし、ナショナルチームの選手だなというのは感じました。ただ、いい試合というか、もうちょっとだったなと思うので、これからまた努力すれば、また勝てるときが来るのかなと思いました。

準々決勝で当たった野田学園さんも常連決勝高で日本一も取られている学校さんなので、当然、向かっていく姿勢で臨みました。中橋の突破口で、ダブルスも1対1の9-5で勝っていたんですが、まくられて、ダメかなと思いましたが、星で勝負できたらと思っているところに、次のチームを引っ張っていく佐藤もすごい頑張りを見せてくれました。今年の全国選抜の希望が丘戦のラストで2対0で佐藤が勝ってたんですね。それで8-4くらいで勝っていて、そこから逆転負けをして2対3で負けたんですね。それから彼は悩んで悩んで大変だったんですが、今回また負けたらもう本当に卓球辞めちゃうのかなと心配して見ていましたが、本人は「同じミスを2度と繰り返したくない」という思いで試合をしていたというので、技術もありますが、気持ちの部分で成長した大会だったし、本人にもまたレベルアップしてもらいたいなと思いました。
 

卓レポツイッターでも速報を配信中。ぜひご覧ください!

全国高体連卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net
インハイTV:https://inhightv.sportsbull.jp

(取材/文=猪瀬健治、佐藤孝弘)

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事