1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 全中男女団体予選リーグ、野田学園敗退の波乱

全中男女団体予選リーグ、野田学園敗退の波乱


大会2日目は男女団体の第1ステージ(予選リーグ)が行われた。予選リーグはA〜Mの13ブロック、各3チームの首位のみが第2ステージ(決勝トーナメント)に進出する。男子は昨年2位の野田学園(山口)が明豊(大分)に敗れ、予選リーグ敗退の波乱。女子でも春の中学選抜で2位の横浜隼人(神奈川)が大東(福井)に敗れ決勝トーナメント進出はならなかった。

 

予選リーグ随一の波乱! 明豊が野田学園に逆転勝利

ラストはカット主戦型の1年生、木塚が粘り強いプレーでしのぎきった

野田学園にとっては悔しい夏の団体戦となった

王者愛工大名電は6連覇に向けて盤石か


 予選リーグの中では熱い戦いが予想されるカードではあったが、昨年全中2位の野田学園が大分の古豪明豊に逆転勝利を許した。野田学園はトップで徳田が先制点を挙げるも、2番は明豊のエース田原が1点を返し1対1に。要のダブルスをゲームオールの接戦の末に押さえた野田学園だったが、明豊は4番で門脇、5番の木塚がともにゲームオールの競り合いを乗り切って勝利。チームに金星をもたらした。
 明豊の藤本監督は「挑戦者なのでまったく勝敗は考えていなかったが、九州大会で負けているのでリベンジしたかった。選手がよく頑張ってくれました」と教え子たちの奮闘を称えた。
 野田学園の中川監督は「勝ちきれなかったのは気持ちの弱さが敗因。また1からやり直します」と悔しさをにじませた。
 一方、優勝候補筆頭の愛工大名電(愛知)は危なげなく予選リーグを通過。明日の1回戦で野田学園を破った明豊と対戦する。



 

ペン表裏面ドライブ型の川畑がラストを飾り、大東が横浜隼人に金星

この大きな1勝にベンチも歓喜

横浜隼人は予選敗退に肩を落とした

郡山第二は武蔵野を破り2年連続の決勝トーナメント進出

四天王寺の連覇を阻止するチームはあらわれるのか?


 女子団体第1ステージでは、春の中学選抜で2位の好成績を収めていた横浜隼人が大東に敗れ、予選リーグで姿を消した。大東は1対1で迎えた3番のダブルスを取ると、ラストはペン表裏面ドライブ型でパワフルなプレーの川畑葉那がフォアハンドスマッシュと裏面ドライブで得点を重ね勝利。チームに価値ある一勝をもたらした。
 また、郡山第二(福島)は東京の伝統校武蔵野を破り、2年連続の決勝トーナメント進出を決めた。
 優勝候補の四天王寺(大阪)はストレート勝ちで2試合を終えて、連覇に臨む。明日、男女ともに優勝校が決まる。


 

卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信します。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
第49回全国中学校卓球大会/広島大会:http://zenchu-hiroshima-takkyu.jp/

(写真/文=佐藤孝弘)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事