1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 女子団体、ベスト4が出そろう

女子団体、ベスト4が出そろう


大会3日目は男女団体決勝トーナメント1回戦からスタート。1,2回戦(準々決勝)が続けて行われ、ベスト4が出そろった。

 

 

山陽女子は大東(岩手)を退け準決勝へ

貝塚第二は要のダブルスを押さえてベスト4入り

明徳義塾は高いチーム力で郡山第二を降した

四天王寺はトップの中森が0対2から逆転勝ちで就実にストレート勝ち


<女子団体準々決勝>
山陽女子(岡山) 3-2 大東(岩手)
貝塚第二(大阪) 3-1 中間東(福岡)
明徳義塾(高知) 3-1 郡山第二(福島)
四天王寺(大阪) 3-0 就実(岡山)

 女子団体は西日本勢がベスト4を占めた。
 ドローでシードを獲得した大東(岩手)は、トップで佐藤瑠衣が先制点を挙げたが、ダブルスを落としたのが響いて、4番は伊東が1点を返すも、ラストは山陽女子狩野が決めてベスト4入り。
 攻撃力のある選手をそろえた貝塚第二は前半で赤江が得点を挙げ、阿久根/司のダブルスがカットと攻撃の変則ペアを攻略すると、4番由本がバランスのよい両ハンドで勝負を決めた。
 明徳義塾は前半2試合がともに競り合いとなったが、両ハンドの威力のある白山が髙橋美悠に勝ちきって1対1に。ダブルスの安定感には定評のある明徳が追加点を挙げ、強豪校の意地を見せて準決勝へ駒を進めた。
 四天王寺は、トップの中森が就実の吉井の思い切った両ハンド攻撃に圧倒され0対2とリードを許したが、粘り強く戦い逆転勝ち。四天王寺は無失点で準決勝進出を果たした。

準決勝の組み合わせは以下の通り。
山陽女子 対 貝塚第二
明徳義塾 対 四天王寺


 

卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信します。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
第49回全国中学校卓球大会/広島大会:http://zenchu-hiroshima-takkyu.jp/

(写真/文=佐藤孝弘)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事