1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 男子団体準決勝 中間東と明豊が決勝へ!

男子団体準決勝 中間東と明豊が決勝へ!

 

男子団体準決勝が行われ、中間東(福岡)が安田学園(東京)をストレートで下して決勝進出。もう一方の準決勝は、明豊(大分)が実践学園(東京)を3対1で振り切り、決勝へ進出した。
 
●中間東(福岡)3-0安田学園(東京)
◯浅見 9,8,10 廣田
◯原田 9,-13,-8,9,7 伊藤
◯磯村/松井 -4,3,6,10 丸山/上村
   齋藤 - 関口
   道廣 - 中川 
 
 原田がエースの意地で勝ち切った!

3番でしっかり締めた磯村(左)/松井

安田学園をけん引してきた伊藤は終盤に原田につかまった

 


 2番の原田対伊藤のエース対決がこの試合のハイライト。先の東京選手権で伊藤に負けている原田は、伊藤の腰のすわったカット打ちに押され、ゲームカウント1対2と先行を許す。しかし、原田は徐々に伊藤の強ドライブとスマッシュを拾えるようになり、攻撃も決まり始めて4ゲーム目を9本で取り返すと、その勢いをキープして第5ゲームも取って逆転勝ち。チームの流れを決定付ける勝ち点を上げた。
 一方、思惑通りに伊藤が原田をつかまえた安田学園としては、そこを取っていれば試合がもつれただけに、痛い敗戦になってしまった。


 
●明豊(大分)3-1実践学園(東京)
   髙橋拓希 8,-4,-5,-11 剣持◯
◯田原 8,12,-9,5 髙橋
◯髙橋拓巳/坂本 8,-10,11,-8,8 高野/石川
◯門脇 6,5,9 原
   木塚 - 栁澤
 
またも髙橋と坂本が決めた!

4番で実質上の決勝点を上げた門脇。ブロックがとにかく固い

実践学園はトップで剣持が先制したが…
 
 

 野田学園(山口)、愛工大名電(愛知)と本命を沈めてきた明豊(大分)は、準決勝でも躍動した。
 トップで髙橋拓希が剣持の連続ドライブに屈するも、エースの田原が2番で勝利し、1対1で折り返す。
 2台進行になった3番、4番は4番の門脇が勝利し、ダブルスの結果待ちに。愛工大名電戦でミラクルを起こした髙橋拓巳/坂本がゲームオールで高野/石川を振り切り、またもや勝利を決めた。
 一方、平成12年以来の優勝はならなかったが、先制点を奪うなど存在感を見せた実践学園。選手たちの動きのよさもさることながら、中国の劉国梁を連想させる左足を交差させないフォアハンドサービスを取り入れるなど、独創性も光っていた。


 
卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信します。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
第49回全国中学校卓球大会/広島大会:http://zenchu-hiroshima-takkyu.jp/

(写真/文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事