1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界ジュニア
  4. 2018オーストラリア
  5. 2018年世界ジュニア 混合複は徐瑛彬/石洵瑶が優勝

2018年世界ジュニア 混合複は徐瑛彬/石洵瑶が優勝

世界ジュニア選手権オーストラリア大会最終日、個人戦5種目の準決勝と決勝が行われた。中国勢同士の決勝となった混合ダブルスは徐瑛彬/石洵瑶のエースダブルスが于何一/銭天一を破って優勝を決めた。

 

wjc181209-01.jpg徐瑛彬/石洵瑶の中国エースペアが個人種目で1つ目のタイトル
 
wjc181209-02.jpg石洵瑶の強力なフィジカルとパワーが勝因の一つ
 
wjc181209-03.jpg徐瑛彬、石洵瑶ともに今大会2つ目のタイトル
 


<混合ダブルス決勝>
徐瑛彬/石洵瑶(中国) 8,-3,5,-9,5 于何一/銭天一(中国)

 徐瑛彬/石洵瑶は準決勝で中華台北ペアに0対2と追い込まれたところからしっかりとつないでラリーに持ち込み逆転。于何一/銭天一は徐海東/郭雨涵に先にマッチポイントを奪われたが、これをしのいで逆転勝ち。ともにピンチをしのいでの決勝進出となった。
 中国勢同士の決勝は連係のよさよりも個人のフィジカルの強さ、技術レベルの高さが際立つという点で興味深い。このペアリングでは実力では拮抗したが、男子のボールに対応できる石洵瑶のパワーの差が出て、徐瑛彬/石洵瑶という今大会の中国のエース同士のペアが優勝を手にした。


<混合ダブルス準決勝>
徐瑛彬/石洵瑶(中国) -8,-9,7,7,6 馮翊新/蘇珮綾(中華台北)
于何一/銭天一(中国) -9,2,-3,17,8 徐海東/郭雨涵(中国)


卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事