1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 全日本選手権大会(カデットの部)〜男子ダブルスは鈴木/中村、女子ダブルスは張本/赤川が優勝〜

全日本選手権大会(カデットの部)
〜男子ダブルスは鈴木/中村、女子ダブルスは張本/赤川が優勝〜

11月2〜4日、平成30年度全日本選手権大会(カデットの部)が、宮城県のカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)で開催されている。
大会2日目の11月3日は男女ダブルスのチャンピオンが決定。男子ダブルスは鈴木/中村(愛工大名電中)、女子ダブルスは張本/赤川(木下グループ/仙台ジュニアクラブ)がそれぞれ優勝した。

●男子ダブルス優勝
鈴木楓/中村煌和(愛工大名電中)
鈴木(左)と中村がうれしい全国タイトル

安定性の高いプレーで頂点へ!

徳田(右)/飯村は惜しくも頂点に届かず

豪快な玉井(左)と速さの岩井田が3位入賞

田尻(左)と加山はパワフルなプレーで表彰台

男子ダブルスで優勝した鈴木/中村は、鈴木がテクニックでチャンスをつくり、サウスポーの中村が打球点の早いプレーで畳み掛ける連係で頂点に立った。昨年、この種目で2位の鈴木にとっては念願のタイトル獲得となった。徳田/飯村(野田学園中)との決勝はゲームオールの接戦になったが、チキータだけでなく、フリックやツッツキなどを織り交ぜる多彩な台上プレーとミスの少ない両ハンドで野田学園ペアを振り切った。

 2位の徳田/飯村は豪快な両ハンドで勝ち上がり、決勝進出。決勝も優勝するチャンスはあったが、最終ゲームの終盤、持ち前の思い切りのよさがやや影をひそめてしまったのが悔やまれる。
 3位には、玉井/岩井田(野田学園中)、田尻/加山(愛工大名電中)がそれぞれ入った。


●女子ダブルス優勝
張本美和/赤川瑞姫(木下グループ/仙台ジュニアクラブ)

張本(右)/赤川が地元で優勝!

赤川のカットと張本の前陣攻守が見事にはまった

双子の上澤依央(右)と上澤茉央は息の合ったプレーで決勝へ

3位に入った横井(右)/竹山は力強いプレーを見せた

サウスポーペアの山﨑(左)/直江が3位

女子ダブルスは、小学4年生の張本と中学2年生の赤川という年の差ペアがあれよあれよという間に勝ち上がり、一気に優勝をさらった。赤川のカットに対して、張本は相手が打ってきたら的確にブロック、ツッツキでつないできたらドライブですかさず決める変則的なプレーがばっちりはまった。
 2位の上澤依央/上澤茉央(明徳義塾中)は双子ならではの息の合ったプレーで決勝進出。速いラリー戦では抜群の安定感を見せたが、決勝では張本/赤川の変則プレーにペースをつかめなかった。
 3位には、横井/竹山(ミキハウスJSC)と、山﨑/直江(明誠U15)が入った。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/takurepo/tournament/tabid/122/rptid/397/Default.aspx


(写真/文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事