1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成30年度
  5. 全日本卓球2019 女子ダブルス、ベスト4が決定

全日本卓球2019 女子ダブルス、ベスト4が決定

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されるている平成30年度全日本選手権大会。5日目、女子ダブルスは5回戦と準々決勝が行われ、5回戦では優勝候補の一角に挙げられていた石川/平野がカットの佐藤/橋本に敗れベスト16でストップ。優勝候補筆頭の早田/伊藤は準決勝に駒を進めた。

2連覇まであと2勝と迫った早田(左)/伊藤

初優勝を狙うカットペア、佐藤(右)/橋本

1回戦から勝ち上がってきた攻撃力の高い芝田(右)/大藤

平(左)/松本は準々決勝で梅村/塩見にリベンジ


<女子ダブルス準々決勝>
早田/伊藤(日本生命/スターツSC) 5,6,9 成本/井(中国電力)
佐藤/橋本(ミキハウス) ー6,3,9,6 徳永/阿部(早稲田大)
芝田/大藤(ミキハウス/ミキハウスJSC) 10,13,9 加藤知/加藤杏(十六銀行)
平/松本(サンリツ) 9,-3,11,9 梅村/塩見(中央大/四天王寺高)

 優勝候補最有力の早田/伊藤は、個々の能力の高さ、連係の良さ、決定力の高さで群を抜いている。準々決勝でも、中国電力ペアをストレートで退け、危なげなくベスト4入り。着実に2連覇に向けて駒を進めている。

 5回戦で石川/平野を破った佐藤/橋本はより攻撃的なカットペアに進化した。浮いてきたツッツキや、ゆるいループドライブに対して、チャンスとみたらすかさずフォアハンドで攻撃する。また、両者ともバックハンドスマッシュもあるため、対戦相手はストップなども浮かさないようにというプレッシャーを強いられることになる。準々決勝では、カットを苦手としない早稲田大ペアに対して、バランスの良い攻守で3対1とし,準決勝へ。ずば抜けて攻撃力の高い早田/伊藤にどこまで通用するのか、今から楽しみだ。

 芝田/大藤は5回戦で小道野/永尾との競り合いを制して勢いに乗ると、準々決勝では息の合った加藤姉妹ペアをストレートで破り準決勝へ。どこからでも点を取れるところがこのペアの魅力だが、特筆すべきは両者のフォアハンドの威力だろう。ラリーでの強さに注目していただきたい。

 平/松本は昨年の女子ダブルス5回戦で敗れた梅村/塩見を、社会人らしいミスの少ないプレーで破り見事リベンジを果たした。松本のチャンスメークと平の決定力の高い両ハンドで、1回戦から勝ち進んできた芝田/大藤の挑戦を受ける。

ベスト8は以下の通り。 


成本(左)/井は攻守のバランスがよかった

徳永(左)/阿部は2年連続で佐藤/橋本に敗れた

加藤知秋(右)/加藤杏華はコンビネーションのよさが光った

昨年2位の梅村(左)/塩見は長﨑/木原を破ったがベスト8止まり

優勝候補ながら佐藤/橋本に屈した石川(左)/平野

<女子ダブルス5回戦>
早田/伊藤(日本生命/スターツSC) 5,5,-9,5 菅澤/萩井(ミキハウスJSC)
成本/井(中国電力) 1,-7,5,-9,6 森/平野(豊田自動織機)
徳永/阿部(早稲田大) 11,10,-9,7 土田/宋(中国電力)
佐藤/橋本(ミキハウス) -6,9,10,11 石川/平野(全農/日本生命)
加藤知/加藤杏(十六銀行) -9,10,9,-9,11 鈴木/安藤(日立化成/専修大)
芝田/大藤(ミキハウス/ミキハウスJSC) -6,8,-14,7,12 小道野/永尾(デンソー)
平/松本(サンリツ) 6,9,4 中畑/船本(愛知工業大)
梅村/塩見(中央大/四天王寺高) -11,13,8,5 長﨑/木原(JOCエリートアカデミー・大原学園/JOCエリートアカデミー)


(文・写真=佐藤孝弘)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事