1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成30年度
  5. 全日本卓球2019 女子シングルスは伊藤が優勝!女子史上初の二年連続三冠王も達成

全日本卓球2019 女子シングルスは伊藤が優勝!女子史上初の二年連続三冠王も達成

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されるている平成30年度全日本選手権大会。最終日は女子シングルス決勝から行われ、伊藤美誠(スターツSC)が木原(JOCエリートアカデミー)を下し、優勝を果たした。

伊藤が敵なしの強さでV2達成&二年連続三冠王の快挙!

鋭くトリッキーな変化プレーからの強打を幾度となく決めた

力の差を見せつけられた木原だが、この貴重な経験は今後に活きるだろう


●女子シングルス決勝
伊藤美誠(スターツSC) 11,9,6,-9,5 木原美悠(JOCエリートアカデミー)

 伊藤対木原のバック面に表ソフトラバーを貼るシェーク異質型同士の決勝は、木原の速攻で幕を開けた。
 全日本の決勝という舞台でも気負いがまったく感じられない木原は、伊藤のお株を奪うようなバックハンド強打やフォアハンドスマッシュで先行し、1ゲーム目は10-8と木原がゲームポイントを握る。しかし、ここで伊藤が2本連続でサービスエースを奪ってジュースに持ち込む。木原がポイントを奪い、11-10と再びゲームポイントを握ったところで、格上の伊藤に対し、是が非でも1ゲーム目を取ってプレッシャーをかけたい木原ベンチが早くもタイムアウトを取る。
 
 しかし、このタイムアウトが実らず、伊藤に逆転で1ゲーム目を奪われると、そこからは伊藤が地力を発揮する。目まぐるしいほどのテクニックと素早い身のこなしからの強打を繰り出して木原を圧倒。4ゲーム目は、前半飛ばしすぎて9-3から木原に8本連取を許して逆転で落としたが、5ゲーム目は気持ちをしっかり切り替えて再び木原を圧倒し、V2を達成した。これで伊藤は、混合ダブルス、女子ダブルス、女子シングルスを2年連続で制し、女子では史上初となる二年連続三冠王という偉業も樹立。
 
 伊藤は昨年に比べてさらに強さが増した印象だが、この全日本の圧勝は、東京オリンピックへの選考レースが本格化する今シーズンに向けて大きな自信になったことだろう。
 
 一方、敗れた木原は伊藤に力の差を見せ付けられた形だが、台上の強烈なバックハンドフリックやフォアハンドスマッシュなど、伊藤を脅かす技術も披露した。まだ14歳だけに、この決勝で得た代え難い経験をこれからにつなげてほしい。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事