1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成30年度
  5. 全日本 今日のベストテクニック動画水谷隼のスーパーラリー

全日本 今日のベストテクニック動画
水谷隼のスーパーラリー

ラリーの強さに高速プレーがプラスされた、水谷隼ニューモデルを象徴するラリー!


 注目選手の際立ったプレーをワンポイント動画で取り上げる全日本特別企画、「今日のベストテクニック動画」。最終回も見事10連覇を達成した水谷隼(木下グループ)のプレーを男子シングルス決勝の大島戦(木下グループ)から紹介しよう。

 動画のラリーは、決勝の3ゲーム目中盤に飛び出したスーパーラリーだ。
 水谷は大島のチキータをカウンタードライブした後、大島のさらなるカウンタードライブをバックハンドでいったんブロック。次のドライブをドライブでつないで体勢を整えると、大島がしっかりためて決めに来たドライブを読み切り、回り込んで倒れ込みながらシュート気味にカウンタードライブした。
 普通なら抜けるボールだが、大島が驚異の脚力で返してきたところを立ち上がりざまにフォアハンドドライブし、とどめを刺したラリーだ。

 今大会の水谷は、もとから備わっているラリー戦の強さに加え、前回のベストテクニック動画で取り上げたように、カウンターの精度が飛躍的に高まり、オールラウンド性の中に高速プレーを組み込んだ「水谷隼ニューモデル」とでも呼ぶべき新たなスタイルを見せてくれた。
 動画のラリーには、チキータに対するショートスイングでのカウンタードライブやその後のしぶといつなぎ、回り込んでのシュートカウンターなど、そんな新しい水谷隼の魅力があふれている。

 水谷はもちろんだが、このラリーでは大島の動きにも注目してほしい。チキータした後の回り込みや、水谷のシュートカウンターを飛びつくときのフットワークは圧巻だ。この強靭なフットワークが張本(JOCエリートアカデミー)を倒し、ファイナルに進んで水谷とスーパーラリーを演じた原動力になっていた。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘、動画=小松賢)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事