1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. Tリーグ
  5. 木下マイスター東京がTリーグ男子初代チャンピオンに

木下マイスター東京がTリーグ男子初代チャンピオンに

3月17日、両国国技館でTリーグの年間王者を決めるプレーオフ・ファイナルが開催された。
男子はレギュラーシーズン1位の木下マイスター東京と、2位の岡山リベッツが対戦。木下マイスター東京が岡山リベッツを3対1で下し、栄えあるTリーグ初代王座を手にした。

ベストダブルスで臨んだ岡山が激戦を制し先制点

【プレーオフ・ファイナル】
 木下マイスター東京 3-1 岡山リベッツ
 水谷隼/大島祐哉 9,-7,-9 上田仁/森薗政崇◯
◯侯英超 10,-7,5,12 吉村和弘
◯水谷隼 9,8,8 李尚洙
◯張本智和 4,-9,10,9 森薗政崇

 勝敗の行方を大きく左右するトップのダブルス、木下マイスター東京はレギュラーシーズン中からいろいろなペアを試してきたが、恐らくベストだと思われる元全日本王者の水谷隼/大島祐哉のペアリング。一方の岡山リベッツはレギュラーシーズンのダブルスで圧倒的な強さを見せてきた上田仁/森薗政崇でスタートダッシュをかける。
 第1ゲームは木下マイスターペアが、フリックレシーブを多めに取り入れたプレーで岡山リベッツペアを乱し、先制。第2ゲームも木下ペアが序盤リードするが、ゲームカウント5−3と離されそうになった場面で岡山ペアがタイムアウトを取ると流れが変わる。岡山ペアはあとがなくなったことで気が引き締まったのか凡ミスがピタッとなくなって動きもよくなり、第2ゲームを逆転で奪うと、6−6から始まる最終の第3ゲームも9本で勝利。
 レギュラーシーズン驚異の15勝という上田/森薗が、その成績通りの強さを見せて岡山リベッツに貴重な先制点をもたらした。

「意外なオーダー」でカットの侯英超が1点を返した


 2番は木下が2月から新加入した侯英超、岡山は世界卓球ブダペスト2019男子シングルス日本代表の吉村和弘。
 侯英超はバック面に表ソフトラバーを貼るカット主戦型で、粘るというより、強烈な変化で相手にプレッシャーをかけるタイプだ。慣れるまでが大変なカット主戦型で、この試合も侯英超ペースで進む。侯英超は変化サービスからの変化の激しいバックカットとフォアハンドは多彩なロングで吉村に的を絞らせない。吉村も侯英超のフォアハンドのロングを狙い打って食い下がったが、最後は侯英超がサービスエースを連発して吉村をゲームカウント3対1で振り切り、木下マイスター東京が1対1のタイに戻した。

水谷が分のいい李尚洙にプレーをさせずに圧倒


 王手がかかる3番は、木下がキング・水谷隼、岡山が韓国のエース・李尚洙という大黒柱同士の対戦になった。国際大会でも度々対戦している両者の試合は激戦が予想されたが、水谷の一方的な試合になった。
「ダブルスで負けていたのでシングルスはなんとしても勝ちたかった。かなり攻撃的なプレーができた」と試合後、本人が振り返ったように、この試合の水谷は台からほとんど下がらずに終始攻撃的な両ハンドを見せた。一方、常になく前陣に張り付く水谷に面食らったのか、李尚洙は得意のライジングバックハンドが沈黙。前陣速攻だけでなく、ナックル性フリックや多彩なサービスなどテクニックでも李尚洙を圧倒した水谷がストレートで勝利し、木下マイスター東京が王手をかけた。

木下マイスター東京の優勝を決めたのは怪物・張本智和!


 4番、勝てば年間王者が決まる木下は若きエースの張本智和。岡山は先に行われた世界卓球ブダペスト2019代表選考会を優勝し、勢いに乗る森薗政崇で巻き返しを図る。
 第1ゲームは張本がロングサービスからの速攻で森薗を圧倒して先制するが、第2ゲームは森薗が遅いボールをうまく使って張本に速攻を仕掛けさせずに取り、タイに戻す。第3ゲーム、なんとしてもラストにつなぎたい森薗は、長いサービスが来たらスピードドライブ、短いサービスは強烈チキータという張本の株を奪うような短期決戦戦術でリードを奪うが、終盤にチキータを炸裂させた張本がジュースで逆転し、優勝に王手をかける。第4ゲームもお互いがチキータで抜き合うスリリングな展開になったが、最後は張本が速さで森薗の気迫を振り切り、両手を高々と掲げた。

「個の強さ」をいかんなく発揮したタレント揃いの木下マイスター東京が初代チャンピオンに!


 終わってみれば、レギュラーシーズン1位の木下マイスター東京が、ダブルスを落としながらもシングルスで3点をもぎ取るという「個の強さ」を見せて年間王者をつかんだ。しかし、試合はどちらに転んでもおかしくないほど接戦だったし、緻密な台上の攻防やダイナミックなラリーは、古くからの卓球通から卓球に触れて日が浅い人まで、多くの人に魅力的にうつったのではないだろうか。
 8月から開始予定の来期Tリーグの開幕を今から待ち遠しく感じさせる熱戦のファイナルだった。

(取材=佐藤孝弘)

詳しい試合の結果はTリーグ公式サイトでご確認ください。
卓球 Tリーグ:https://tleague.jp/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top