1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. パラ
  5. 第39回ジャパンオープン・パラ卓球選手権大会 結果

第39回ジャパンオープン・パラ卓球選手権大会 結果

 第39回ジャパンオープン・パラ卓球選手権大会が、平成31年3月9〜10日に大阪府豊中市立豊島体育館で開催された。

 パラ卓球は、原則として障害の程度によってクラスを分け、同クラスの選手同士が試合を行うが、この大会は「車いす」「立位」を分けるのみで、障害の程度によるクラス分けを行わない、いわば"無差別級"の戦いだ。なお、2014年より設けられた「G1」「G2」は「上位」「下位」を意味するが、どちらに出場するかは、原則として選手の自己申告となっている。

 車いす男子は、昨年初優勝を遂げた中本亨(大阪府)が2連覇を果たした。この大会で26回優勝の大記録を有する岡紀彦(岡山県)は、今回はけがのため出場を見合わせた。
 車いす女子は、別所キミヱ(大阪府)が8大会連続12回目の優勝。昨年は不運なけがに見舞われパラの世界卓球選手権大会も欠場を余儀なくされた別所だったが、復帰戦となった今大会で見事に優勝を遂げた。
 立位男子は永下尚也(福井県)が優勝。3連覇中だった岩渕幸洋(東京都)は決勝で敗れた。
 立位女子は工藤恭子(熊本県)が5年ぶり11回目の優勝を手にした。

■個人戦 車いす使用の部 男子G1
1位 中本亨(大阪府)
2位 吉田信一(東京都)
3位 北川雄一朗(愛媛県)
3位 宇津木 孝章(長野県)

■個人戦 車いす使用の部 男子G2
1位 河口泰士(岐阜県)
2位 福村健(大阪府)
3位 佐竹三雄(大阪府)
3位 前田圭(愛知県)

■個人戦 車いす使用の部 女子G1
1位 別所キミヱ(大阪府)
2位 石橋栄(大阪府)
3位 藤原佐登子(愛知県)
3位 柏木杏(静岡県)

■個人戦 車いす使用の部 女子G2
1位 長谷川ゆかり(香川県)
2位 宮﨑恵菜(鳥取県)
3位 安部睦美(島根県)
3位 井上豊子(愛知県)

■個人戦 立位の部 男子G1
1位 永下尚也(福井県)
2位 岩渕幸洋(東京都)
3位 鈴木伸幸(大分県)
3位 舟山真弘(埼玉県)

■個人戦 立位の部 男子G2
1位 栫完治(熊本県)
2位 菅井悠気(岡山県)
3位 大塚直樹(佐賀県)
3位 浅井翔一(愛媛県)

■個人戦 立位の部 女子G1
1位 工藤恭子(熊本県)
2位 川田月子(福岡県)
3位 鈴木玉乃(静岡県)
3位 石河惠美(神奈川県)

■個人戦 立位の部 女子G2
1位 杉本綾子(静岡県)
2位 中村典子(愛知県)
3位 栗林あさみ(大阪府)
3位 弥永悦子(福岡県)

■団体戦 車いす混成
1位 レスボ&SST(愛知県・静岡県)
2位 えひめ卓友会(愛媛県)
3位 横浜フロンティア(神奈川県)
3位 ドマーニ卓球クラブA(大阪府)

■団体戦 立位男子
1位 FTT A(熊本県・福岡県・大分県)
2位 関東会(東京都)
3位 チーム福井(福井県)
3位 岡山旭卓友会(岡山県)

■団体戦 立位女子
1位 九州障害者卓球連盟(福岡県・熊本県)
2位 岡山旭卓友会(岡山県)


文=川合綾子 文中敬称略

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事