1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. アジアカップ横浜2019〜朱雨玲が3連覇〜

アジアカップ横浜2019
〜朱雨玲が3連覇〜

 アジアの男女トップ選手16名でシングルスのタイトルを争う第32回LION ITTF-ATTUアジアカップ横浜2019が横浜文化体育館(神奈川)にて4月5〜7日に開催された。
 大会3日目は順位決定戦と男女シングルス決勝が行われ、女子は朱雨玲が昨年に続き、決勝で陳夢を破って3連覇を達成。3位決定戦では石川佳純が馮天薇を下し銅メダルを獲得した。

女子シングルスは朱雨玲が3連覇

朱雨玲、意地の3連覇

朱雨玲は抜群の安定感で陳夢のパワーを上回った

決定打の威力では優った陳夢だが、2年連続の2位

世界卓球代表落ちの朱雨玲が意地のアジアカップ3連覇

<女子シングルス決勝>
朱雨玲(中国) 13,-4,5,8,-7,6 陳夢(中国)

 世界卓球の国内選考会1位で代表入りを自力で決めた陳夢に対して、まさかの代表落ちという残念な結果に終わった朱雨玲。心中穏やかならざるものがあっただろう。
 両ハンドの一発の威力では世界屈指の陳夢に対して、堅いブロックとカウンターで対抗する朱雨玲。チキータレシーブのうまい両者が、随所で思い切ったロングサービスを多様しているところに、今のトップのプレーの潮流が見えた。試合は、決して集中力を切らさずにリードしてもされても堅調なプレーに徹する朱雨玲が優位に進める。
 3対1と朱雨玲がリードしたところから、陳夢も驚くようなバックハンドのカウンターを決めるなど好プレーを見せ、1ゲームを返すも、第6ゲームに入ると、朱雨玲が「ここで終わらせる」とばかりのラブオールから気迫のこもったプレーで圧倒。前陣を死守して自分のプレーを貫いた朱雨玲が、3年連続でアジアカップ優勝という史上初の偉業を成し遂げた。

石川が馮天薇を破り銅メダル

ラリー戦での粘り強さ、決定力が増した石川

苦しい戦いを乗り切って3年連続の表彰台

<女子シングルス3-4位決定戦>
石川佳純(日本) 10,12,-15,15,8 馮天薇(シンガポール)

 ラリー巧者の2人だけに好ゲームが期待されたが、予想以上の熱戦が展開された。今大会の3位決定戦は、3位以上にはワールドカップ出場権が与えられるため、世界ランキングの獲得ポイントは同じながらも、単なる表彰台の栄誉をかけただけの戦いではない。
 実力伯仲の両者の戦いは、2つのジュースを奪った石川が流れをつかんだかに見えたが、第3ゲーム、3度めのジュースを15-17で石川が落とすと、試合はほぼ5分の流れに。両者とも粘り強さが非常に高く、見ごたえのあるラリー戦になったが、第4ゲームで4回目のジュースを今度は17-15で石川が取り返すと、さすがに馮天薇の集中力がやや落ちたか、第5ゲームはペースを掴んだ石川が逃げ切る形で銅メダルを決めた。
 石川はラリー戦での粘り強さに加え、随所でバック側へのロングサービスをうまく使い、サービスエースや鮮やかな3球目攻撃を決めたプレーが印象的だった。ベテランながら簡単には勝たせてくれない馮天薇も、世界卓球では怖い存在になりそうだ。

(取材=佐藤孝弘)

詳しい記録は国際卓球連盟ホームページに掲載されています。
ITTF:https://www.ittf.com/tournament/5061/2019/ittf-attu-asian-cup/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事