1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ジャパンオープン札幌大会 女子シングルス、日本勢は平野美宇がベスト4進出

ジャパンオープン札幌大会 女子シングルス、日本勢は平野美宇がベスト4進出

 LION卓球ジャパンオープン荻村杯札幌大会が北海道札幌市の北海きたえーる(北海道立総合体育センター)で開催。
 4日目は女子シングルス準々決勝が行われ、ベスト4が出そろった。

快勝の平野はこの笑顔。明日は劉詩雯とのスピード対決だ!

圧巻のカット打ちを披露した劉詩雯

孫穎莎はアグレッシブなプレーで王曼昱に完勝し、中国首脳陣に猛アピール

陳夢はゲームオールの接戦を経験値の差で切り抜けた


●女子シングルス準々決勝の結果
平野美宇 10,6,5,8 佐藤瞳
劉詩雯(中国) 8,7,-7,1,5 劉斐(中国)
孫穎莎(中国) 8,10,4,9 王曼昱(中国)
陳夢(中国) 6,-7,4,-7,7,-10,5 顧玉婷(中国)

 平野美宇対佐藤瞳の同士討ちは、平野が圧巻のカット打ちで佐藤をストレートで下し、ベスト4へ駒を進めた。昨日第1シードの丁寧(中国)を倒して世界を驚かせた佐藤だったが、「球威が増していて十分な体勢でカットさせてもらえなかった」と試合後、脱帽したように、ミドルを起点に畳み掛けてくる平野の猛攻に成す術がなかった。

 劉詩雯(中国)も平野に負けずとも劣らない見事なカット打ちで守備範囲の広い劉斐(中国)を下し、準決勝進出。カット打ちでも厳しい打球点を求めて相手に時間を与えないプレーはさすがだった。
 明日の準決勝では平野と対戦する。ともに前陣での高速ラリーを得意とする両者だけに、まばたき厳禁のスピード感あふれる試合になるだろう。

 孫穎莎(中国)対王曼昱(中国)の次期中国のエース候補対決は、孫穎莎がストレートで完勝した。世界卓球2019ブダペストでも両者は対戦しているが、そのときは孫穎莎が受けの強い王曼昱にうまく打たされてミスが続き、敗れている。しかし、今大会では孫穎莎が王曼昱の誘いのボールを打ち急がずにしっかりためてことごとく打ち抜き、鮮やかなリベンジを果たした。

 陳夢(中国)対顧玉婷(中国)は、顧玉婷が伊藤美誠を下した広角のバックハンドを駆使してゲームオールにもつれ込む接戦になったが、最終ゲームは経験で勝る陳夢が丁寧なプレーで顧玉婷のミスを誘って引き離した。

卓レポ.comツイッター:https://www.twitter.com/takurepo/

なお、詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
ITTF(国際卓球連盟):https://www.ittf.com/tournament/5005/2019/2019-ittf-world-tour-japan-open/

(写真=佐藤孝弘、文=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事