1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 女子シングルスは出雲美空が初優勝!

女子シングルスは出雲美空が初優勝!

令和元年8月15日〜20日、鹿児島アリーナ(鹿児島)にて第88回全国高等学校卓球選手権大会が開催中。
最終日は女子シングルス準々決勝から決勝が行われ、出雲美空(遊学館)が初優勝を果たした。

【女子シングルス】出雲美空(遊学館)が初優勝!

出雲が圧巻のストレート勝ちで頂点に!


●女子シングルス決勝
出雲美空(遊学館) 6,5,7 岡田琴菜(明徳義塾)

 女子シングルス決勝は、出雲美空(遊学館)対岡田琴菜(明徳義塾)の対戦になった。
 昨年ベスト8の出雲は、準々決勝で顧琳婧(桜丘)のカットに苦戦してゲームオールになるも、それ以外は危なげない勝ち上がり。一方の岡田は、接戦をくぐり抜けて勝ち上がってきた。
 試合が始まると、出雲が序盤から岡田を突き放す。スイングの速い巻き込み式サービスで岡田のレシーブを甘くさせると、そこから異質ラバーでのバックハンドとフォアハンド強打で厳しいコースを突き、岡田を激しく揺さぶる。決勝までラリー戦のしぶとさで勝ち上がってきた岡田だったが、出雲の畳み掛けてくる攻めについていくことができない。出雲の厳しい攻めに岡田が後手に回るという図式は最後まで変わらず、出雲がストレート勝ちで初優勝を手にした。
 大きな声を出すでもなく、激しいジェスチャーをするでもない淡々とした立ち居振る舞いの出雲だが、プレーは対照的に速くて激しい。冷静なる情熱を秘めたサウスポーが、鹿児島で一気に頂点をつかんだ。 

■女子シングルス優勝・出雲美空選手のコメント
「女子学校対抗で2位だったので優勝できてよかったです。(顧との)準々決勝は1対2で負けていたので、思い切って向かって行くだけだと思ってプレーしたら勝てたのでよかったです。
 準決勝は(浅井と)何回も対戦していて、ほとんど負けたことがなかったんですが全国大会でちょっと緊張していて、最初はあまりうまくいきませんでしたが最後の方は自分のプレーができました。
 シングルスでは決勝行ったことがなかったので、決勝は自分の力を悔いのないよう出し切ろうとプレーしました。作戦は、相手が高めに上げてきたボールを自分の持ち味であるスマッシュで決めようと思いました。今大会はサービスで相手を崩して3球目で決めにいくパターンがよかったと思います。
 すぐに国体あるので、次は団体戦で優勝したいです」

 2位の岡田は、女子シングルス3回戦、5回戦、準決勝と3度のゲームオールを切り抜けてきた結果が示すように、勝負強さが光っていた。ラリー戦に強く、ピッチの速さだけでなく、時折遅くて高いボールを織り交ぜて相手のペースを乱すなど、緩急も使える選手だ。出雲には完敗したが、まだ2年生だけに来夏のさらなる躍進に期待したい。

■女子シングルス2位・岡田琴菜選手のコメント
「決勝で負けるのは悔しいですが、去年は2回戦で負けていて、ここまで行けたのは自分の力もあるんですけど、それより先生や応援してくれた方のおかげでここまで頑張れました。朝に走り込みを毎日やっていて、走りながらいつも競ったときに勝てるように自分を追い込んでやっていたので、それが自信になりました。
 去年のインターハイでも団体戦で(出雲と)当たって簡単に負けました。今回もサービスレシーブの展開で先手が取れなくて、相手のやりたいことをやられてしまいました。最後の方に少し相手の弱点というか得点の仕方が分かって来たんですけど、もう試合が終わりかけで。(出雲のサービスは)巻き込み系のアップしか来てなかったんですけど、そのサービスに対してしっかり払っていけたら自分の展開になりましたが、その待ちができなくて入れるだけになってしまいました。
 来年は出雲さんや先輩方が抜けますが、下からまた上がってくるので、年齢とか関係なく向かって行く気持ちで、これで満足するんじゃなくて競り合いでもしっかり勝てるよう、また自分に厳しくしてもっと頑張っていきたいと思います」

出雲はサービスからの厳しい3球目両ハンドで得点を量産

安達監督のアドバイスを聞く出雲。遊学館に2つ目の全国タイトルをもたらした

丁寧なボールさばきで決勝に勝ち上がった岡田

岡田は準決勝で庄との息詰まるラリーを耐え抜いた


●女子シングルス準決勝
出雲美空(遊学館) -6,9,14,10 浅井 一恵(桜丘)
岡田琴菜(明徳義塾) -4,11,6,-10,6 庄易(富田)

 3位に入った浅井一恵(桜丘)は、準々決勝で優勝候補の出澤杏佳(大成女子)を下して表彰台。不用意に攻撃すると出澤の変化速攻につかまってしまうため、カットやロビングなど守備主体のプレーで出澤を攻略したプレーは見事だった。
 もう一方の3位、庄易(富田)は、第1シードの相馬夢乃(遊学館)が破れたゾーンを勝ち上がってきた。全身をダイナミックに使った両ハンドドライブとあふれ出る気迫で岡田とゲームオールの接戦を演じたが、最後は岡田に緩急をうまくつけられ、ミスを誘われてしまった。

優勝候補の出澤を下した浅井。カットからの思い切った攻撃が光る

力強い両ハンドと気迫で表彰台をつかんだ庄


●女子シングルス準々決勝

出雲美空(遊学館) 9,-8,-9,5,5 顧琳婧(桜丘)
岡田琴菜(明徳義塾) 7,3,10 川北帆香(正智深谷)
浅井一恵(桜丘) 5,9,-6,7 出澤杏佳(大成女子)
庄易(富田) -5,8,8,-8,11 船場清華(明徳義塾)

 ベスト8に入った顧琳婧(桜丘)は、長いリーチを生かした守備範囲の広いカットと反撃のスマッシュが持ち味。準々決勝では出雲に対して2対1とリードするが、最後は出雲の思い切った攻めに振り切られた。
 川北帆香(正智深谷)は5回戦で稲吉美沙(希望が丘)に打ち勝ってベスト8入り。冷静なプレー態度とミスの少ない両ハンドが光った。
 第2シードの出澤杏佳(大成女子)は浅井に破れた。「攻撃してこなくてやりにくかった」と振り返るように、浅井の守備中心のプレーにペースを乱され、全日本ジュニア女子に続くビックタイトルはならず。
 船場清華(明徳義塾)は、桑原穂実(正智深谷)、髙橋あかり(四天王寺)ら強豪を倒した持ち前のラリー戦の強さで庄に迫ったが、ゲームオールジュースで惜しくも表彰台を逃した。

顧はリーチの長さを生かしたカットで出雲を苦しめた

ポーカーフェイスの川北。安定性が持ち味

優勝を狙った出澤は浅井の守備にはまってしまった

粘りのプレーで強豪を連破した船場


卓レポツイッターでも速報を配信。ぜひご覧ください!

南部九州総体2019速報ページ:http://kirokukensaku.net/0IH19/discipline_060_20190817.html

(取材=佐藤孝弘/猪瀬健治)

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事