1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 全中 女子シングルスは小塩遥菜が初優勝!

全中 女子シングルスは小塩遥菜が初優勝!

令和元年8月20〜23日まで、滋賀県のウカルちゃんアリーナ(滋賀県立体育館)で第50回全国中学校卓球大会が開催。
最終日は女子シングルス3回戦から決勝までが行われ、小塩遥菜(稲付)が初優勝を果たした。

【女子シングルス】小塩遥菜(稲付)が初優勝!

カット主戦型としては佐藤瞳(平成24年大会)以来の頂点に立った小塩


●女子シングルス決勝
小塩遥菜(稲付) 4,-6,2,6 白山亜美(明徳義塾)

 女子シングルスを制したのは、カット主戦型の小塩遥菜(稲付)。攻撃選手で換算したらパワードライブ並みの速いスイングから繰り出す変化ツッツキと守備範囲が広がったカット、機を見て打ち込むフォアハンドスマッシュで一気に優勝をさらった。唯一ヒヤリとしたのは原芽衣(四天王寺)との3回戦だったが、それでも「途中からうまく戦術転換できた」と本人がいうように、フォア攻めに活路を見い出し、結果的に3対1で切り抜けた試合は、技だけではない、小塩の対応力の高さが表れていた。
 分がよくない大藤沙月(四天王寺)が準決勝で破れたというドローも味方したが、それを差し引いてもチャンピオンにふさわしいプレーだった。

■女子シングルス優勝・小塩遥菜選手のコメント
「今日は風邪を引いてたんですけど、そのおかげで力が抜けてよかったです。(苦戦した試合は)3回戦の四天王寺の原さんです。対策されていて、その中でも自分のプレーをできたことがよかったです。(原は)バック面に異質ラバーを使っていて、1ゲーム目はそこに集めすぎていたんですけど、2ゲーム目、3ゲーム目はフォアにうまく回せてミスしたところを狙っていけたのがよかったです。
(決勝は)ミドルを狙われていたので、自分がミドル処理を変えたこともよかったんですけど、ミドルにドライブさせないことも意識して、チャンスがあれば攻撃できたのでよかったです。
 全中が終わってすぐにアジアジュニアがあり、ジュニアで出させていただくので、みんなの迷惑にならないようにして、シングルスではいい成績が取れるように頑張りたいです」

 2位の白山亜美(明徳義塾)は、準々決勝で東川陽菜(貝塚第二)、準決勝で大藤と実力者に勝ってファイナリストに。しかし、決勝では小塩の強烈な変化サービスとツッツキに対し、カット打ちまで持って行く前にペースを握られてしまい、全日本カデット以来のビックタイトルはならず。
 優勝はならなかったが、長いリーチが生かせるよう、ほかの女子選手よりもやや遠目に台から距離を取り、威力のあるドライブやフラット系のボールを駆使して優勝候補の大藤を下した試合は見事だった。

小塩はサービスとツッツキで白山を翻弄

全中上位進出選手でさえ、まともに打てない強烈なツッツキが小塩の武器

白山は、リーチを生かしたパワフルなプレーで決勝へ

準決勝では大藤の猛攻をしのぎ切った


●女子シングルス準決勝
小塩遥菜(稲付) 6,-7,5,9 横井咲桜(四天王寺)
白山亜美(明徳義塾) 7,9,-8,6 大藤沙月(四天王寺) 

 3位に入った横井咲桜 (四天王寺)は、昨日女子団体決勝2番で勝った赤江夏星(貝塚第二)に再び勝って表彰台。小塩のカットは打ち崩せなかったが、切れのあるドライブと確かなブロック力、あふれる気迫で存在感を示した。
 もう一方の3位は、第1シードとして出場した大藤沙月(四天王寺)。大藤は昨年の全中のシングルスでも白山と対戦して大接戦を演じており、決して与し易い相手ではなかったが、今回は白山にリベンジを許して二連覇ならず。台から距離を取る白山に対し、強引に攻めて白山のふところの深いプレーにつかまってしまった。

気迫あふれる両ハンドで表彰台をゲットした横井

連覇を目指した大藤は、白山の両ハンドに捕まった


●女子シングルス準々決勝
小塩遥菜(稲付) 5,6,1 面田采巳(四天王寺)
白山亜美(明徳義塾) 6,7,10 東川陽菜(貝塚第二)
横井咲桜(四天王寺) 9,8,10 赤江夏星(貝塚第二)
大藤沙月(四天王寺) 7,12,9 山﨑唯愛(益田)

 ベスト8に入った面田采巳(四天王寺)は小塩と対戦。持ち味であるパワフルなドライブで小塩のカットを打ち崩したかったが、小塩の強烈な変化ツッツキにチャンスを見いだせなかった。
 東川陽菜(貝塚第二)は、白山に破れてベスト8。長身を生かした前陣両ハンドで白山と打ち合ったが、要所で白山の安定性が上回り、無念のストレート負け。
 赤江夏星(貝塚第二)は昨日の女子団体戦決勝の借りを返したかったが、横井に再び屈した。ボールが合う両者の試合は華々しい打撃戦になったが、フィッシュやブロックを駆使してつないでくる横井に対し、先にミスが出てしまった。
 サウスポーの山﨑唯愛(益田)は、カット主戦型の大久保ひかり(札幌大谷)に勝ってベスト8入り。持ち味であるワイドなコース取りで大藤を揺さぶりにかかったが、大藤にうまく対応されて表彰台はならなかった。

パワフルなドライブを武器に勝ち上がった面田

東川は白山との打ち合いに散る

赤江は団体決勝に続き、横井の軍門に下ってしまった

厳しいコース取りを武器に勝ち上がった山﨑


卓レポツイッターでも速報を配信。ぜひご覧ください!

第50回全国中学校卓球大会:https://www.zenchu-shiga-takkyu.jp/

(取材=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事