1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本社会人 〜男子ダブルスは横山/徳島が初優勝〜

全日本社会人 〜男子ダブルスは横山/徳島が初優勝〜

9月6日〜8日まで、第53回全日本社会人卓球選手権大会が熊本県の熊本市総合体育館で開催。
2日目は、男子ダブルスの準決勝、決勝が行われ、横山/徳島(原田鋼業)が初優勝を果たした。

【男子ダブルス優勝】横山輝/徳島剛(原田鋼業)

横山(左)/徳島が接戦を切り抜けて嬉しい全国初タイトル!

【男子ダブルス2位】松平賢二/平野友樹(協和キリン)
松平(左)/平野は優勝を目指したが、決勝ではミスが多く出てしまった

【男子ダブルス3位】高木和卓/上江洲光志(東京アート)
高木和(右)/上江洲はラリー戦に抜群の強さを見せた

【男子ダブルス3位】江藤慧/松下大星(クローバー歯科カスピッズ)
江藤(左)/松下が積極的な攻撃で表彰台をゲット

 男子ダブルスは、横山輝/徳島剛(原田鋼業)が制した。横山がうまいボールさばきでチャンスをつくり、徳島が豪打で仕留める連係で度重なる接戦をくぐり抜け、原田鋼業に全日本社会人初タイトルをもたらした。

 2位の松平賢二/平野友樹(協和キリン)の実力者同士ペアは順当に勝ち上がったが、決勝では横山/徳島にサービスレシーブから崩され、わずかに及ばず。

 3位には、準々決勝で御内/村松(シチズン時計/東京アート)のカットを打ち抜いた高木和卓/上江洲光志(東京アート)と、準々決勝で第1シードの藤村/松下(日鉄物流ブレイザーズ)をフルゲームで振り切った江藤慧/松下大星(クローバー歯科カスピッズ)が入った。

詳しい記録はこちらから
日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/529/Default.aspx

(取材=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事