1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本社会人 〜男子シングルスは大矢英俊(ファースト)が優勝!〜

全日本社会人 〜男子シングルスは大矢英俊(ファースト)が優勝!〜

9月6日〜8日まで、第53回全日本社会人卓球選手権大会が熊本県の熊本市総合体育館で開催。
最終日は、男子シングルス6回戦から決勝が行われ、大矢(ファースト)が初優勝を果たした。

【男子シングルス優勝】大矢英俊(ファースト)

大矢は社会人になって初となるシングルスでの全国タイトル!

思い切ったバックハンド連打で栄冠をつかんだ

【男子シングルス2位】吉田海偉(東京アート)
ベテランらしい技とベテランらしからぬ動きと球威で会場を大いに沸かせた

●男子シングルス決勝
大矢英俊(ファースト) 5,-6,-3,12,-6,9,9 吉田海偉(東京アート)

 男子シングルスは、有延(リコー)、平野(協和キリン)ら若手を倒して勝ち上がった大矢英俊(ファースト)と、これまた町(鹿児島県体育協会)、上村(シチズン時計)ら若手を下して勝ち上がった吉田海偉(東京アート)のベテラン対決になった。
 序盤は吉田がロングサービスからの展開で優位に立ち、ゲームカウント2対1とリードする。しかし、「4ゲーム目から開き直ってロングサービスを待った」という大矢がレシーブから流れを引き寄せ、勝負は最終ゲームに。バックハンドドライブで押せれば大矢、押し切れずにラリーが長くなれば吉田という図式でカウントがもつれるが、最後は大矢のバックハンドドライブを吉田のプッシュが押さえ切れず、ゲームオール9本で大矢が優勝を決めた。
 今年、長年在籍した東京アートからファーストに移籍し、「コーチがメインで十分に練習が積めず、負けても仕方がないという気持ちで臨んだ」という大矢。その気負いのなさがスイングを加速させ、一気に優勝へと突っ走った。

■男子シングルス優勝・大矢英俊のコメント
「なんか今までで一番嬉しい優勝でした。今年で東京アート退いて、(ファーストで)コーチに携わりながら、コーチメインでやっているのでそんなに練習はしていなくて、その中で勝てたのは本当に信じられなくてすごく興奮しています。
 試合の入り方としては、『負けて当たり前だろう』ともうその思いしかなくて、そういう気持ちで試合に臨んだのは初めてで今回が。東京アートでは勝たないとという気持ちがあったんですけど、今回はまったく違う気持ちで臨みました。練習量は5分の1ぐらいですかね、でも陰ながら練習はしていましたが(笑)
(勝因は)基本的にほとんどチキータから攻めていけたことです。あとは強気で、フォア前苦手なんですけど、苦手なところをフルスイングフリックとか普段しないんですけどやってみて意外とよかったり。社会人では自身初の全国タイトル。ファーストにとっても初タイトル。幸先いいですね。
(決勝の)ポイントは吉田さんのサービス。ロングサービスとフォア前に来るんですけど、ロングサービスが半分くらいの確率で来るので待ちにくいんですよね。最初にロングサービスで待っていて、前に来たら入る。そう思っていても3ゲーム目くらいまでそれが全然できなくて、4ゲーム目からもういいやってそれを意識したら意外とすんなりいいレシーブができて展開もよくなりました。
 勝った瞬間は、泣きそうになりました」

 一方、勝てば実に14年ぶりとなる優勝はならなかった吉田海偉(東京アート)も、強烈な存在感を放った。38歳とは思えないフットワークとフォアハンドドライブに、38歳だからこそ身に付いた多彩なショートテクニックやロビングで、並みいる若手を倒すさまはまさに鉄人。これからも、若手の高い壁であり続けてほしい。

■男子シングルス2位・吉田海偉のコメント
「去年、全日本社会人の予選出て予選落ちし、恥ずかしくて、卓球やめようかとかヨーロッパリーグだけにしようかとか、今後どうするかいろいろ考えました。佐々木さん(東京アート卓球部部長)に相談して、もう1回切り替えてと、また東京アートに残って。でも残ってよかったです。
 日本リーグ前期優勝しているし、全日本総合団体のラストで鹿屋(リコー)に勝って自信がつきました、俺はまだいけるなと。
 今日の試合、1番びっくりしたのは町(岡山リベッツ)に4対0で勝ったのは信じられないですね。いつも競る、勝っても負けても。日本リーグでは結構負けてる。(勝因は)気持ちかな。ベスト8入ってるし、恥ずかしくない。自分らしくプレーできたらここまでくれば十分ですよ。良い試合できることが目標。気持ち的に勝ったと思います。
 決勝はちょっと足が止まっちゃったかな。浅いボール、分かっていても足が前に出ない。体力的にちょっと関係あると思う。4対1か4対2で勝たないといけない。もう若くないので。
 僕の場合は楽しくできれば1番いいかなと。昔は日本代表として、代表じゃない人には負けられない的な変なプライドがあったけど、今はないから逆に楽しくペンらしく。ペンが少なくなっているので良いプレーをみなさんにみてもらって、『お、吉田まだいけるな』って、そう思ってもらえるようにプレーしたいです。今は38歳。プレーは30歳だけど(笑)」


【男子シングルス3位】平野友樹(協和キリン)
大矢の思い切りのいいバックハンドにやや受け身になってしまった


【男子シングルス3位】上村慶哉(シチズン時計)
ラリー戦に強さを見せて表彰台。吉田にはサービスで崩されてしまった

 3位の平野友樹(協和キリン)は神(T.T彩たま)、岡田(岡谷市役所)と明治大同級生対決を制して勝ち上がったが、大矢の速いバックハンドに押され、今ひとつ波に乗れないまま敗戦。
 もう一方の3位、上村慶哉(シチズン時計)はラリー戦に強さを見せて勝ち上がったが、準決勝の吉田に対しては「1ゲーム目に8割ロングサービスを出されて足が止まってしまった」と語るように、吉田のインサイドワークに飲み込まれてしまった。


【男子シングルス ベスト8】
有延大夢(リコー)
大矢とクロスゲームを展開したがわずかに届かず


町飛鳥(鹿児島県体育協会)
昨年2位でナンバーワンシードの町は、吉田によもやの完敗


岡田崚(岡谷市役所)
強烈な変化サービスからの3球目フォアハンドドライブでベスト8入り


松平賢二(協和キリン)
村松(東京アート)のカットを退けたが、上村にラリーで打ち負けた

詳しい記録はこちらから
日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/529/Default.aspx

(取材=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事