1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. Tリーグ
  5. Tリーグ男子 侯英超が個人順位1位(9月11日終了時点)

Tリーグ男子 侯英超が個人順位1位(9月11日終了時点)

Tリーグ開幕からの連戦が一段落した。男子の次の試合は10月19日(土)、10月20日(日)となる。
ここで、ここまでの男子シングルスの個人順位を見ていこう。

男子シングルスの個人順位1位はカット型の侯英超(木下マイスター東京)で、シングルスの対戦成績は5勝2敗。
町飛鳥(岡山リベッツ)、荘智淵(琉球アスティーダ)、林昀儒(岡山リベッツ/ビクトリーマッチ)、森薗政崇(岡山リベッツ)、松山祐季(T.T彩たま)に勝利している。その侯英超から勝利を挙げたのは松平健太(T.T彩たま)、朱世爀(琉球アスティーダ)の2人で、いずれも3-2で侯英超に勝利した。

2位は、同じくカット型の朱世爀(琉球アスティーダ)で、シングルスの対戦成績は4勝1敗。
1戦目で神巧也(T.T彩たま)に敗れたが、その後は水谷隼(木下マイスター東京)、侯英超(木下マイスター東京)、上田仁(岡山リベッツ/ビクトリーマッチ)、吉田雅己(岡山リベッツ)に勝利している。

3位は松平健太(T.T彩たま)で、シングルスの対戦成績は3勝1敗。
1戦目で町飛鳥(岡山リベッツ)に敗れたものの、その後は丹羽孝希(木下マイスター東京)、侯英超(木下マイスター東京)、吉村和弘(岡山リベッツ)と難敵を立て続けに破っている。

以下、トップ10までは次の通り。
4位 ピッチフォード(T.T彩たま)
5位 森薗政崇(岡山リベッツ)
6位 神巧也(T.T彩たま)
7位 水谷隼(木下マイスター東京)
8位 丹羽孝希(木下マイスター東京)
9位 吉田雅己(岡山リベッツ)
10位 平野友樹(T.T彩たま)
10位 田添響(木下マイスター東京)

写真は侯英超
写真提供=Tリーグ ©T.LEAGUE

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事