1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 全日学 女子シングルスは森田彩音が初優勝!

全日学 女子シングルスは森田彩音が初優勝!

 令和元年10月24〜27日まで、島津アリーナ京都(京都府立体育館)で第86回全日本大学総合卓球選手権大会が開催。
 大会最終日は男女シングルスの5回戦〜決勝が行われ、女子は森田彩音(中央大)が初優勝を果たした。

【女子シングルス】森田彩音が初優勝

森田はミスの少ない両ハンドでラリー戦を勝ち抜いた

威力のある両ハンドで攻めた山本だが先輩の森田に及ばず

最後のインカレで念願の初優勝を達成


●女子シングルス決勝
森田彩音(中央大)8,-9, -7,5,8,6 山本笙子(中央大)

 決勝は中央大勢の同士打ちとなったが、昨年に続き2度目の決勝進出を果たした4年生の森田が念願の初優勝を飾った。昨年は惜しくも安藤(専修大)に敗れていただけになんとしても手に入れたいタイトルだったろう。
 一方の山本は田口(筑波大)、梅村(中央大)、鎌田(早稲田大)らを安定感と威力を備えた両ハンドドライブを軸に退けて初の決勝進出。
 決勝の序盤は部内では分が悪いという森田の劣勢で展開したが、森田はコース取りを変えるなどして挽回。1対2から3ゲームを連取して、最後の全日学をうれし涙で飾った。

■森田彩音選手のコメント
「全日学で優勝することを大学生4年間の目標としてきたので、それが最後に果たせてよかったと思います。
 第1シードだったので、相手に向かってこられることが多くて、苦しい試合が何度がありました。あると思って準備はしていましたが、どんな試合でも自分のペースで焦らずにプレーするという自分の目標が最後までしっかりできたのはよかったです。
 最後の決勝は普段一緒に練習している選手で、ボールもすごい強くて最初の方は相手のペースに飲まれているシーンが多かったと思うんですけど、何とか頭を使って工夫して戦うことができました。練習では山本選手の方が分がいいです。いつもは力で対抗して負けてしまうことが多かったので、今回は相手にどれだけ強く打たせないかを考えたり、(攻められたときは)守りに徹したりと、いつもとは違うプレーをしました。
 父には卓球を始めたときから練習をしたりアドバイスをもらってきて、二人三脚みたいな感じでやってきていました。その父と(インカレで負けたときに、全日学は)優勝しようと話していたのでそれが果たせてよかったです」

ダークホースの松岡が笹尾を破る金星を挙げ、ベスト4に進出

鎌田は激戦を乗り越えて最後の全日学で初のベスト4入り


 3位には松岡優香(東京富士大)と鎌田那美(早稲田大)が入った。
 松岡は5回戦で全日本ジュニア女子チャンピオンの笹尾(早稲田大)を撃破。準々決勝では岡崎(東洋大)をラリー戦の末に破りベスト4入り。変化のわかりにくいバックハンドサービス、サウスポーからのコース取りのよい攻守が光った。
 鎌田は4回戦で瀬山(中央大)に何度もマッチポイントを握られながらも逆転勝ち。懐の深いバックハンド、決定力のあるチキータなどを武器に粘り強いプレーで松本(愛知工業大)、三條(青山学院大)らを破り4強入りを果たした。

 ベスト8は以下の通り。

三條裕紀(青山学院大)

岡崎日和(東洋大)

梅村優香(中央大)

鶴岡菜月(神戸松蔭女子学院大)


日本学生卓球連盟:http://www.jsttf-takkyu.com/
関西学生卓球連盟:http://www.kansai-sttf.net/

(取材=佐藤孝弘)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事