1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球選手権大会(カデットの部) 〜男子ダブルスは中村/菅沼(愛工大名電中)が優勝〜

全日本卓球選手権大会(カデットの部) 〜男子ダブルスは中村/菅沼(愛工大名電中)が優勝〜

2019年11月8日(金)〜10日(日)まで、全日本卓球選手権大会(カデットの部)が、山口県の維新大晃アリーナで開催。
大会2日目は男女ダブルスの準決勝と決勝が行われ、男子ダブルスは、中村煌和/菅沼翔太(愛工大名電中)が優勝を果たした。

【男子ダブルス優勝】中村煌和/菅沼翔太(愛工大名電中)
中村(左)と菅沼がパワフルな連係で全国タイトル!

 男子ダブルスを制したのは、中村/菅沼(愛工大名電中)。中村がスピード感あふれる速い攻めで切り込み、菅沼がダイナミックなスイングから放つ両ハンドドライブで続く連係で頂点に立った。
 
 2位の芝/岩井田雄斗(野田学園中)は、準決勝で萩原/加山(愛工大名電中)に打ち勝って決勝進出。決勝でも中村/菅沼としぶとく打ち合ったが、最後はわずかにサービスレシーブが甘くなり、振り切られた。

 3位には、動きのいい石井/久保(石田卓球クラブ)と丁寧なプレーが光る萩原/加山(愛工大名電中)が入った。

【男子ダブルス2位】芝拓人/岩井田雄斗(野田学園中)
芝(左)/岩井田はラリー戦に強さを見せて決勝進出

【男子ダブルス3位】石井佑季/久保賢輔(石田卓球クラブ)
動きのよさが光る石井(右)/久保

【男子ダブルス3位】萩原啓至/加山雅基(愛工大名電中)
萩原(左)/加山はミスの少ない丁寧なプレーで表彰台

詳しい記録はこちらから
日本卓球協会大会ページ:http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/524/Default.aspx

(取材=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事