1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. ワールドカップ団体戦2019東京 日本女子、韓国を破り決勝へ

ワールドカップ団体戦2019東京 日本女子、韓国を破り決勝へ

 2019年11月6〜10日まで、東京体育館(東京)でJA全農 ITTF卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYOが開催。
 大会4日目は男女準決勝が行われ、ここまで順調に勝ち進んできた日本女子は準決勝で韓国と対戦し3対1で勝利。明日の決勝に駒を進めた。

日本は韓国に苦戦するも3対1で勝利

序盤から気合い十分の韓国ペアに日本ペアは押されたか

日本ペアはプレーに本来の積極性が見られなかった

崔孝珠はサウスポーから繰り出すフォアハンドが強烈

伊藤は様々なモーションのサービスで相手を幻惑

平野の「ハリケーン」再び。決勝でも見られるか?

15歳の申裕斌は体格もよくセンスを感じさせる両ハンド


●女子準決勝
日本 3-1 韓国
 石川/平野 -7,-8,7,-10 申裕斌/田志希◯
◯伊藤 -8,3,-10,3,6 崔孝珠
◯平野 2,5,9 田志希
◯伊藤 -8,7,10,9 申裕斌
 石川 - 崔孝珠

 韓国は、準々決勝で起用した徐孝元と梁夏銀に替えて、19歳のサウスポー崔孝珠と15歳の若き才能・申裕斌を起用。日本は変わらぬ鉄板のオーダー。1番のダブルスは、挑みかかってくるようなアグレッシブなプレーの韓国ペアに対し、石川/平野はやや消極的なプレーが目立つ。平野がツッツキで押し込んだボールをつながせて石川が強打で決める得点パターンにもミスが出て、流れをつかめないまま、韓国ペアの勢いに飲まれてしまった。

 伊藤が対戦した崔孝珠は、サウスポーからの鋭いフォアハンドドライブが武器。伊藤の多彩なサービスにもよく対応し、攻撃のチャンスを見逃さない選球眼もハイレベルだ。伊藤は第1ゲームを落とすも、第2ゲームはあっさり取り返す。このまま行くかと思われたが、第3ゲームで競り合いを落として1対2とリードを許す。しかし、ここでもモーション、ポジション、コース、回転など様々なサービスを駆使して、崔孝珠に的を絞らせずに、伊藤のペースに。続く2ゲームを取り返し、何とか日本は1対1に。

 ダブルスで好プレーを見せた田志希と、平野はシングルスでも対戦。さすがに同じ相手に2点は落とせないと思ったか、平野はラブオールから、一発で決めに行くようなドライブを畳みかけ、田志希を圧倒。第3ゲームではやや息切れしたかに見えたが、最後まで超攻撃的なプレーを貫いてストレート勝ち。圧巻の平野らしい攻撃卓球を見せてくれた。

 再び伊藤、今度は若手の申裕斌と対戦。ここでも第1ゲームを落とす嫌な流れながら、対応力の高さ、プレーの多彩さ、そして、経験で優る伊藤が競り合いながらも続く3ゲームをものにして、3対1とし、日本が勝利。ミウミマのシングルスで3点を挙げる結果となった。

 敗れはしたが、伊藤にぶつけてきた韓国の若手2人は、今後さらに怖いライバルに成長してくる可能性を秘めている。

ITTF(国際卓球連盟):http://ittf.com/
大会特設サイト:http://www.japantabletennis.com/2019twc/

(取材=佐藤孝弘)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事