1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球選手権大会(カデットの部) 〜13歳以下女子シングルスは篠原(貝塚第二)が優勝〜

全日本卓球選手権大会(カデットの部) 〜13歳以下女子シングルスは篠原(貝塚第二)が優勝〜

2019年11月8日(金)〜10日(日)まで、全日本卓球選手権大会《カデットの部》が、山口県の維新大晃アリーナで開催。
13歳以下女子シングルスは、篠原夢空(貝塚第二)が優勝した。

【13歳以下女子シングルス優勝】篠原夢空(貝塚第二)
大本命・張本を逆転で下し、歓喜のV!

前陣での快速連打が篠原の魅力

 13歳以下女子シングルスは、篠原(貝塚第二)が制した。
 決勝は、小学5年生ながら今大会第1シードで優勝候補筆頭の張本(木下グループ)に対し、2ゲームを連取される苦しい展開。しかし、「思い切りプレーできたことがよかった」と試合後、本人が振り返ったように、第3ゲームから篠原は積極性を取り戻す。張本の猛攻にくらいつきつつ、カウンターが決まり始め、3ゲームを連取。大逆転で優勝をもぎ取った。

■篠原夢空選手のコメント
「とても嬉しいです。(決勝は0対2で)負けていましたが、自分のプレーを度胸満点でやれたことがよかったです。(対張本は)勝ったり負けたりです。(勝って)びっくりです。最後まで勝ちを意識せずに自分のプレーに集中しました。最初は守りにいったけど、最後は思い切りプレーすることができました。
 今後の目標は、来年の全中(全国中学校大会)で優勝したいです」

【13歳以下女子シングルス2位】張本美和(木下グループ)
優勝ならずもポテンシャルの高さを見せた

 注目の張本は、惜しくも優勝ならず。決勝では2ゲームをあっさり連取し、優勝ペースだったが、息を吹き返した篠原に逆転を許してしまった。
 優勝はおあずけとなったが、まだ小学5年生とは思えない技術力と風格を見せた張本。この敗戦が、またさらに彼女を強くするだろう。


【13歳以下女子シングルス3位】伊藤詩菜(ミキハウスJSC)
フォアハンド強打が冴えて表彰台

【13歳以下女子シングルス3位】吉田一葉(さくら組ジュニア)
安定性の高いツッツキとカットで勝ち上がった

 3位の伊藤(ミキハウスJSC)は、サウスポーからのフォアハンド強打が冴えて表彰台。準決勝では篠原と激しく打ち合ったが、わずかに及ばなかった。

 2018年ホープス王者の吉田(さくら組ジュニア)は、安定性の高いカットで順調に勝ち上がるも、張本の圧巻のカット打ちの前に勝機を見い出せなかった。

【13歳以下女子シングルスベスト8】
岩木仁香(横浜隼人中)

安定性の高い両ハンドでラリー戦に強い選手

上澤杏音(貝塚第二)
本間(新発田市立川東中)のカットを攻略してベスト8入り

遊佐美月(和卓球クラブ)
躍動感あふれるプレーで青木(石田卓球クラブ)を下した

小塩悠菜(石田卓球クラブ)
自由すぎるプレーが魅力。見ていて楽しい選手だ

詳しい記録はこちらから
日本卓球協会大会ページ:http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/524/Default.aspx

(取材=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事