1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球選手権大会(カデットの部) 〜14歳以下女子シングルスは大久保(札幌大谷中)が優勝〜

全日本卓球選手権大会(カデットの部) 〜14歳以下女子シングルスは大久保(札幌大谷中)が優勝〜

2019年11月8日(金)〜10日(日)まで、全日本卓球選手権大会《カデットの部》が、山口県の維新大晃アリーナで開催。
14歳以下女子シングルスは、大久保ひかり(札幌大谷中)が優勝した。

【14歳以下女子シングルス優勝】大久保ひかり(札幌大谷中)
拾いまくる本格派チョッパーが嬉しい全国初タイトル!


 14歳以下女子シングルスは、大久保(札幌大谷中)が第1シードの実力をいかんなく発揮して優勝を果たした。
 大久保は、4回戦で工藤(TAC)、5回戦で今枝(卓伸クラブ)と続いたゲームオールの接戦を切り抜けると、徐々に動きとカットのスイングのキレがよくなり、決勝進出。
 決勝では強打者・由本(貝塚第二)の強烈なフォアハンドドライブを拾って拾って拾いまくり、頂点に立った。
 決して派手さはないが、相手よりも1本多く返すというカットマンの原点ともいえるプレースタイルが身上の大久保。初の全国タイトルがどこまで彼女の成長を促すのか。本格派チョッパーの今後に注目だ。

■大久保ひかり選手のコメント
「全国制覇は初であまり実感はないんですけど、カデット優勝が一つの目標だったのですごく嬉しいです。ここまでいろいろあったので、(勝った瞬間は)それを思い出して涙しちゃいました。あまり強い中学校ではないから、その分、声を出して団体戦のつもりで試合することを意識しました。
 シングルス4回戦で工藤真桜ちゃんに2対2の1-5で負けていて、そこから逆転できたのが大きかったです。
 中3になったらカデットは出れないので、全中(全国中学校大会)で優勝したいです」

【14歳以下女子シングルス2位】由本楓羽(貝塚第二)
強烈なフォアハンドドライブで大久保のカットを攻めたが、わずかに及ばず

 ノーシードから勝ち上がった由本(貝塚第二)が2位。準々決勝で原(ミキハウスJSC)に0対2から逆転勝ちして、一気に決勝へ勝ち進んだ。
 女子離れした豪快なフォアハンドドライブが魅力で、決勝でも大久保のカットを果敢に攻めて会場を沸かせた。しかし、打っても打っても返ってくる大久保のカットに対し、最後は力つきた。


【14歳以下女子シングルス3位】首藤成美(石田卓球クラブ)
ダイナミックなフォアハンドドライブで表彰台



【14歳以下女子シングルス3位】狩野琴春(山陽女子中)
堅実かつ素早い前陣攻守で勝ち進んだ


 首藤(石田卓球クラブ)は、小柄な体を目いっぱい使ったダイナミックなフォアハンドドライブで、ダブルスに続き二冠を目指したが、由本の強打に屈した。

 もう一方の3位、狩野(山陽女子中)は、佐原(門司中)とのゲームオールの接戦を制し、表彰台。確実性と速さを兼ね備えた前陣両ハンドが魅力の好選手。


【14歳以下女子シングルスベスト8】
原芽衣(ミキハウスJSC)
由本に2対0リードから無念の逆転負け

佐原のどか(門司中)
思い切りのいい両ハンドで狩野と接戦を演じた

伊藤七海(イトウTTC)
緩急をつけたカット打ちで大久保に迫った

清水愛未(ミキハウスJSC)
堅実なカットで勝ち進んだが、首藤のパワフルなカット打ちに屈した

詳しい記録はこちらから
日本卓球協会大会ページ:http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/524/Default.aspx

(取材=猪瀬健治)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事