1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界ジュニア
  4. 2019タイ
  5. 2019年世界ジュニア 日本女子がベスト4入り

2019年世界ジュニア 日本女子がベスト4入り

世界ジュニア卓球選手権タイ大会が、コラート(タイ)のターミナル21で11月24日より開幕した。女子団体で決勝トーナメントからの出場となった日本は、初戦の準々決勝でアメリカを3対1でくだし、準決勝進出を決めた。

アメリカのエース、エイミー・ワンが長﨑を破る金星

初戦の硬さからか、長﨑は振るわず。日本が先制点を許す展開に

木原はしっかりストレート勝ち

初出場の出澤は巧みなカット攻略

4番でエース長﨑が名誉挽回のストレート勝ちで日本の勝利を決めた


<女子団体準々決勝>
 日本 3-1 アメリカ
 長﨑 -7,-3,7,-5 エイミー・ワン○
○木原 6,6,8 クリスタル・ワン
○出澤 2,5,1 レイチェル・ヤン
○長﨑 3,8,5 クリスタル・ワン
 木原 - エイミー・ワン


 第2シードで決勝トーナメントからの出場となった日本女子は、この準々決勝のアメリカ戦が初戦となった。
 アジアジュニアでチャンピオンとなった長﨑だが、シニアでもアメリカ代表のエイミー・ワンの鋭いバックハンドと的確なコースどりに先手を取られて、なかなか自分のペースでプレーができない。後がなくなった第3ゲーム、1−7から10点連取で逆転するも、第4ゲームは落ち着きを取り戻したワンが再び好プレーの連続で長﨑を引き離した。

 先制点を許した日本だが、2番の木原が、クリスタル・ワンにストレートで快勝。凡ミスも見られたが、実力差を感じさせる内容でストレート勝ち。

 カット主戦型のヤンとの対戦となった世界ジュニア初出場の出澤は、フォア面の面ソフトラバーでのストップを効果的に使ってカット攻略。試合後には「初戦で緊張すると思ったが、あまり緊張せずに自分のプレーができた」と出澤。自分のプレーのここを見てほしいというところはという質問には「ネットインが多いところ」とお茶目な答え。準決勝も注目です。

 ここで決めたい日本はエース長﨑が、自信を持ったプレーでクリスタル・ワンを圧倒。安定感のあるプレーで、勢いだけではない、プレーの幅の広がりも見せた。
 日本は明日、準々決勝でドイツを破った台湾と対戦する。

■渡邊隆司ジュニア女子監督
「選手権大会の怖さを実感しましたが、その中でしっかり勝つことができたので、日本チームにとってよかったと思います。
 長﨑だけではありませんが、ワールドツアーやアジアジュニアで好成績を挙げてきたので、向かってこられるような立場になっていて、試合前から緊張している様子がうかがえました。試合前に『過去の実績も世界ランキングも関係ない』という話をしましたが、プレッシャーを取り除ききれなかったのが敗因の一つだと思います。ワン選手のバックハンドのキレが良くて抜かれていたというのもありますが、それよりもメンタル面が一番の要因でしょうね。
 木原は、長﨑が1番で負けて回ってくると思っていなかったと思いますが、精神的に厳しい状況でスタートしてしっかり勝ち切ってくれてよかったです。ただ、簡単なミスも目立っていたので、その修正は必要だと思います。コーチと相談して、しっかり修正して明日に臨みたいと思います。
 出澤は完璧でしたね。途中、フォアクロスのスマッシュが相手に待たれている状態で、一言アドバイスをしたら、コースを変えることができたので、落ち着いてプレーできててよかったと思います。カットと当たる想定はしていませんでしたが、この2週間、小塩と練習する機会も多かったですし、カットの強い選手に勝って自信をつけてきているので、いい状態で臨めました。
 ドローで北朝鮮が日本の反対側に入ったことで、気の緩みとまでは言いませんが、その辺のメンタル面のコントロールは難しかったかもしれませんね」

卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo/

詳細な記録等は下記リンクでご確認ください。
大会公式サイト(英語):https://www.wjttc2019.com/
公益財団法人 日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):https://www.ittf.com/tournament/5057/2019/world-junior-table-tennis-championships/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事