1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. Tリーグ
  5. Tリーグ男子 侯英超が個人順位1位(11月24日終了時点)

Tリーグ男子 侯英超が個人順位1位(11月24日終了時点)

Tリーグ男子シングルスの個人成績トップ10は次の通り。
(2019年11月24日までの時点)

1位 侯英超(木下マイスター東京)
2位 荘智淵(琉球アスティーダ)
3位 朱世爀(琉球アスティーダ)
4位 ピッチフォード(T.T彩たま)
5位 水谷隼(木下マイスター東京)
6位 神巧也(T.T彩たま)
7位 趙大成(岡山リベッツ)
8位 松平健太(T.T彩たま)
9位 森薗政崇(岡山リベッツ)
10位 フレイタス(木下マイスター東京)

首位の侯英超はシングルス7勝4敗の成績。町飛鳥(岡山リベッツ)、荘智淵(琉球アスティーダ)、林昀儒(岡山リベッツ/ビクトリーマッチ)、森薗政崇(岡山リベッツ)、松山祐季(T.T彩たま)、有延大夢(琉球アスティーダ/ビクトリーマッチ)、神巧也(T.T彩たま)に勝利している。
その侯英超から勝利を挙げたのは朱世爀(琉球アスティーダ)、松平健太(T.T彩たま)、吉村真晴(T.T彩たま)、有延大夢(琉球アスティーダ)の4人だ。

なお、新加入の趙大成(岡山リベッツ)は3勝1敗、フレイタス(木下マイスター東京)は2勝0敗の好成績で、早くもトップ10に入ってきた。

写真は侯英超
写真提供=Tリーグ ©T.LEAGUE


Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事