1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 ジュニア女子は中学3年生の大藤が初優勝!

2020年全日本卓球 ジュニア女子は中学3年生の大藤が初優勝!

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会4日目はジュニア女子の準々決勝から決勝が行われ、中学3年生の大藤沙月(ミキハウスJSC)が優勝した。

わずか1ゲームを落としただけで圧巻の強さを見せた大藤

決勝では、剛柔織り交ぜた見事なカット打ちで小塩を完璧に攻略

優勝を決め、ベンチで安堵の表情

小塩は強烈な変化のツッツキ&カットで決勝進出

ダイナミックなプレーでベスト4入りした杉田

横井はラリー戦に強さを見せて表彰台

●ジュニア女子決勝
大藤沙月(ミキハウスJSC) 8,2,11 小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)

●ジュニア女子準決勝
小塩遥菜(JOCエリートアカデミー) -6,7,2,7 横井咲桜(ミキハウスJSC)
大藤沙月(ミキハウスJSC) 4,-8,8,7 杉田陽南(香ヶ丘リベルテ高)

●ジュニア女子準々決勝
小塩遥菜(JOCエリートアカデミー) 7,2,-8,5 麻生麗名(香ヶ丘リベルテ高)
横井咲桜(ミキハウスJSC) 5,8,-9,2 村上宝(香ヶ丘リベルテ高)
杉田陽南(香ヶ丘リベルテ高) -6,6,8,-9,10 菅澤柚花里(四天王寺高)
大藤沙月(ミキハウスJSC) 11,6,8 川北帆香(正智深谷高)

 
 決勝までの6試合で落としたゲームは、わずか1。中学3年生の大藤沙月(ミキハウスJSC)が並み居る高校生を押しのけ、圧巻の強さで頂点に立った。
 大藤は、川北、横井らラリーに強い選手たちを、ボールを上からたたき落とすようなバックハンドと威力のあるフォアハンドドライブで退けると、決勝で小塩と対戦。
 これまで、誰もが打ちあぐんでいた小塩の変化ツッツキとカットに対し、大藤は落ち着いてドライブでつなぎ、機を見てスマッシュで畳み掛ける見事なカット打ちを披露。小塩が下がったと見るやストップでノータッチを奪うプレーも要所で決まり、大藤が小塩を完璧に攻略して初優勝を決めた。
 小学生の頃からしなやかな両ハンドで逸材として注目されてきた大藤だったが、昨年のジュニア女子では決勝まで勝ち上がるも出澤の変化速攻の前に苦敗。優勝候補の大本命と目された昨夏の全中(全国中学校卓球大会)も3位と振るわず、世界ジュニア代表からも漏れた。
 不本意な時期を過ごした大藤だったが、今回のジュニア女子は、昨年の悔しさを振り払うと同時に「ジュニアに大藤あり」をあらためて周囲にアピールできた大会になったことだろう。

■大藤沙月の優勝コメント
「今年は絶対優勝するという気持ちで臨んだので、優勝できてうれしいです。試合前から小塩さんの対策は結構してきて、それが試合で生かせたのでよかったです。カットマンに対してはスマッシュが有効的なので、その練習をたくさんしてきました。
 東京オリンピックはメンバーが決まってしまって自分は全然だったんですけど、次のパリオリンピックでは絶対メダルが取れるように頑張ります。
 理想とする選手は、平野早矢香さんです」

 2位の小塩は強烈な変化のツッツキとカットで優勝を狙ったが、大藤の低くて回転の変化幅が大きいつなぎのドライブと、頂点より少し早い打球点で打ってくるスマッシュの前に完敗。
 優勝はならなかったが、小塩のボールの横をえぐり上げるようにこする横回転ツッツキは、もはやツッツキというつなぎ技の名を借りた強烈な攻撃だ。唯一無二の必殺技に加え、守備範囲や粘り強さ、攻撃力の強化など、小塩には伸びしろ(課題)もたくさん見える。これからどれほど成長していくのか、楽しみな選手だ。

 3位の杉田は、準々決勝で菅澤とのゲームオールジュースの接戦を乗り越えてベスト4入り。台から少し距離を取り、両ハンドをぶんぶん振り回すヨーロッパの男子選手のようなプレーはダイナミックで、見ていて楽しい選手だ。

 もう一方の3位、横井は、動きのよさに加え、バックハンドでの仕掛けのうまさも光る。準決勝では小塩の変化によく食らいついたが、最後は対応しきれず振り切られてしまった。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事