1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 女子ダブルスは4強が出そろう

2020年全日本卓球 女子ダブルスは4強が出そろう

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催中。
 大会5日目は女子ダブルス5回戦〜準々決勝が行われ、ベスト4が決定した。

どこからでも点が取れるのが伊藤(右)/早田の強み

梅村(左)/塩見はサンリツペアに昨年のリベンジ

優勝候補ながら初の4強入りを果たした長﨑(左)/木原

昨年2位の芝田(左)/大藤は高い攻撃力で頂点を狙う

●女子ダブルス準々決勝
伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命) 9,-8,-6,7,6 安藤みなみ/徳永美子(十六銀行)
塩見真希/梅村優香(ミキハウス/中央大) -13,6,-11,4,5 松本優希/平侑里香(サンリツ)
長﨑美柚/木原美悠(JOCエリートアカデミー/大原学園/JOCエリートアカデミー) 6,8,11 成本綾海/井絢乃(中国電力)
芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/ミキハウスJSC) 5,-9,9,9 土田美佳/宋恵佳(中国電力)

●女子ダブルス5回戦
伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命) 6,5,9 枝松亜実/木村香純(専修大)
安藤みなみ/徳永美子(十六銀行) 7,-6,6,10 永尾尭子/阿部愛莉(デンソー)
塩見真希/梅村優香(ミキハウス/中央大) 7,8,-6,-6,9 庄司有貴/木村光歩(中国電力)
松本優希/平侑里香(サンリツ) 2,12,-8,10 三條裕紀/熊中理子(青山学院大)
長﨑美柚/木原美悠(JOCエリートアカデミー/大原学園/JOCエリートアカデミー) 4,3,-11,6 大川真実/本井明梨(四天王寺高) 
成本綾海/井絢乃(中国電力) 11,-9,3,4 小脇瑞穂/村田咲紀(関西学院大) 
土田美佳/宋恵佳(中国電力) -9,7,-5,9,8 鈴木李茄/近藤早紀(日立化成)
芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/ミキハウスJSC) 3,8,-7,3 松澤帆乃果/竹本朋世(淑徳大)


 3連覇を目指す伊藤美誠/早田ひなが準々決勝で安藤みなみ/徳永美子の社会人ペアに冷や汗をかかされた。安藤、徳永とも異質の両者の変化に対して甘くつないだボールは狙い打たれるという厳しい展開で伊藤/早田が1対2とリードを許すも、台上で先手を取る自分たちのプレーで逆転。観客の応援も一際多いペアだけに勝利の瞬間には歓声と安堵の嘆息が漏れた。

 もう一方の優勝候補、長﨑美柚/木原美悠は準々決勝でも危なげなく、成本綾海/井絢乃に、持ち前の連係の良さでストレート勝ち。昨年の3回戦敗退から躍進し、初の女子ダブルスメダルを決めた。

 塩見真希/梅村優香は接戦の末に、昨年3位の松本優希/平侑里香を破り、昨年の準々決勝のリベンジを果たした。
 昨年2位の芝田沙季/大藤沙月は持ち前の攻撃力の高さで、土田美佳/宋恵佳を3対1で退けた。右・右のペアながら、両者が決定力の高いフォアハンドを持っているのが大きな武器だ。
 明日の準決勝(14:00〜)は
伊藤美誠/早田ひな 対 塩見真希/梅村優香
長﨑美柚/木原美悠 対 芝田沙季/大藤沙月
 決勝は15:40開始予定。

(文・写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事