1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼〜女子ダブルス決勝〜

元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼
〜女子ダブルス決勝〜

 令和最初の全日本、2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催中。
 卓球レポートでは会場に足を運んだ元全日本王者の渋谷浩が、その鋭い眼で選手たちの戦いぶりを評する。大会6日目に行われた女子ダブルス決勝について話を聞いた。

早田(左)はフォア側へのボールによく対応し、伊藤につなげた

<女子ダブルス決勝>
●伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命) 3,9,-7,8 芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/ミキハウスJSC)

 芝田と大藤があの手この手で食い下がりました。おそらく、伊藤と早田をクロスさせるために、早いボールで早田のフォア側を攻めていましたが、早田はこのボールに長いリーチで巻き込むようなフォアハンドドライブでよく食らいついていました。早田がフォア側に抜けないことで、右利きの伊藤と左利きの早田がクロスすることなく、お互いのエリアでプレーし続けることができました。芝田/大藤にとっては厳しい展開になりましたね。
 伊藤/早田は個々のプレーのレベルが高いことに加え、1+1が3にも4にもなっています。特に、相手がいいボールを打っても、両者ともにそれ以上のボールにしてカウンターをすることができる。かと言って、攻めさせたら、このペアほど攻撃力の高いペアもいない。攻めてもダメ、守ってもダメなら、どうすればいいんだという感じでしょうか。ちょっと国内では太刀打ちできるペアはいないんじゃないかという気がしますね。

(まとめ=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事