1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 男子シングルスは、宇田が張本を下し、初優勝!

2020年全日本卓球 男子シングルスは、宇田が張本を下し、初優勝!

 2020年(令和元年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13〜19日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会最終日は男子シングルス決勝が行われ、宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)が初優勝を果たした。


【男子シングルス優勝】宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)

宇田が新王者に!

ゲームオール9本で張本を振り切り、床に崩れ落ちる宇田

電光石火の回り込みカウンターが火を吹いた

ベンチに入った父・直充氏と歓喜の抱擁

張本は苦しい展開の中、よく粘ったがほんのわずかに届かず

●男子シングルス決勝
宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園) 11,9,-8,10,-11,-6,9 張本智和(木下グループ)

 男子シングルス決勝は、宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)が大本命の張本智和(木下グループ)をゲームオール9本で下すという衝撃の結果になった。

 宇田は、第1ゲームを、これまで勝ち上がってきた要因である積極的な回り込みカウンターをジュースで決めて奪うと、続く2ゲームも連取。第3ゲームは張本にフォア前にボールを集められて奪われたが、第4ゲームも果敢な回り込みカウンターを随所で決めてジュースで奪い、王手をかける。
 第5ゲームも宇田が威力のある両ハンドドライブで張本を押し込み、10-8とチャンピオンシップポイントを握る。
 しかし、ここで簡単に済まさないのが、張本だ。張本は意地で2度のチャンピオンシップポイントをしのぐと、第6ゲームも奪い、勝負を最終ゲームへ持ち込んだ。

 第5ゲームの最大のチャンスを物にできなかったことで、第6ゲームは宇田の気持ちが萎えているのが記者席からでも伺え、これはこのまま張本が走るかと思われたが、宇田の気持ちは折れなかった。
「勝つには最後まで攻め続けないといけないと思った」という宇田が、これまで得点源になっていた張本のフォア側のサイドラインを切るようなコースへのサービスから、張本がドライブしてきたレシーブを電光石火の回り込みカウンターで狙い、張本に食らいつく。一方、フォア前のサービスに対しては、バックハンドで回り込んでチキータでストレート(宇田のフォア側)に抜く技が得意な張本だが、宇田が時折バック側へ出してくる下回転が強くかかったロングサービスが楔になって、思うようにバックハンドで回り込めない。
 この構図が最終ゲームの9−9までもつれた場面でも続き、宇田のフォア前から少し出てくるサービスを張本が2本連続でフォアハンドでレシーブミスし、新チャンピオンが誕生した。

 宇田は、中学時代から日本人離れした球威で注目を集めていたが、その半面、不安定さを指摘されてもいた。しかし、今大会の宇田は下半身がどっしりし、相手に揺さぶられても球威のある両ハンドを安定して打てたことが優勝につながった要因の一つだろう。
 いずれにしても、全日本チャンピオンという自信は、今後、宇田の球威と安定性をさらに高める糧になるに違いない。
 
 一方、二年ぶりの王座奪回を狙った張本は、あと一歩のところで涙を飲んだ。優勝はならなかったが、対戦相手が「打倒・張本」を掲げ、リミッターを振り切って向かってくる中、決勝まで勝ち上がってきたのはさすがというほかない。
 気持ちを切り替えるには時間を要するかも知れないが、夏の東京オリンピックへ向けて前を向いてほしい。
 
 
■宇田幸矢選手の優勝インタビュー(場内)
「途中苦しい場面もあって、もうだめかなというところもあったんですけど、最後しっかり決めることができたのでよかったです。
(第5ゲームで)マッチポイントを握ったんですけど、そんなにマッチポイントというのは意識しなかったのですが、相手もうまく攻めてきて崩れてしまいましたが、最後は自分から攻めることができて良かったです。
 ばん回されてからは自分からのミスが増えましたが、勝つには最後まで攻め続けないとと思っていたので、最後まで攻めました。
 両親が応援してくれて、ベンチにもお父さんが入ってくれて最後まで声がけをしてくれたので自信を持ってプレーできました。
(勝った瞬間は)うまく状況がつかめなかったんですけど、自分の中では嘘みたいな感じでした。
 すごくこの優勝は大きなもので自分にとって自信になるものなので大事にしたいです。3対1からまくられそうになりましたが、自分の中ですごく我慢して、最後まで試合を楽しむことができました。
 これからもっと世界ランクを上げて、世界でもっともっと活躍していきたいです」

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/
\この記事をシェアする/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事