1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 2020年全日本卓球 男子シングルス2位 張本智和「年下なのに向かっていけなかった」

2020年全日本卓球 男子シングルス2位 張本智和「年下なのに向かっていけなかった」

 本命の張本智和(木下グループ)は、準決勝で戸上隼輔(野田学園)との激闘を制するも、決勝で宇田幸矢(JOCエリートアカデミー)の猛攻の前に力尽きた。国際大会ではあまり見ることがない受け身が多いプレーは、本人にとって不本意だったに違いない。
 しかし、張本は敗戦を次に必ず生かす選手であり、それができるからこそ、現在の彼の立ち位置がある。
 敗戦後の記者会見で、悔しさと落胆を全身に滲ませつつ、感情を抑えた張本のたたずまいは、怪物のさらなる成長を予感させた。


ー準決勝、決勝ともにフルゲームの末での準優勝という結果は、どのように受け止めていますか?  
 どちらも高校生の選手で、思いきり来ることは分かっていたんですけど、どちらも1-3からよく耐えたんですけど、そういう危ない試合をすると相手によってどう転ぶか分からないので、出足でもうちょっと広げていきたかった。

ーどちらの試合も先に3ゲーム取られたことをどう分析されていますか?  
 準決勝は相手(戸上)のプレーにやられて仕方がないところがあったんですけど、決勝は少し自分の凡ミスだったり、大事なところでネットだったりということがあったので、そういうところで流れを掴み切れなかったのが良くなかったです。

ー決勝の第5ゲームは8-10でマッチポイントを取られたところを切り抜けましたが、あの場面を振り返ってどうですか?  
 もうやるしかないと思っていたので、相手のサービス、3球目が読めたので、そこが良かったです。

ー第7ゲーム、9-8とリードしたところから2本取られましたが、そこはいかがですか?  
 9-8で3球目をミスしてもったいなかったことと、9-9のレシーブは最初からずっと手こずっていたので、最後までコースとか絞り切れなかったです。

ー全日本選手権大会は終わりましたが、張本選手にとってはどんな大会になりましたか?  
 まぁ2位なので、特に何もなかった大会でした。

ーこの大会で学んだことは?  
 特にないです。

ー半年後には東京オリンピックですが、この経験をどう生かしたいですか?  
 次は負けないように頑張りたいです。


ー悔しい結果だと思いますが、去年の全日本などでは見られなかった中陣からの両ハンドなど、トレーニングの成果は出ていると実感はありますか?  
 初戦や2回戦など、まだあまり緊張がないときはいいプレーが出来たんですけど、今日の準決勝、決勝ではいいプレーが出来なかった。相手も高校生ですけど、自分の方が年下だったのに、自分の方から攻めていくことが出来ませんでした 。

ーずっと取り組んでいた足のトレーニングなどは今のプレースタイルに活かされていますか?
 少しずつ良い方向に行っていると思うので、今日のような最後の大事な部分でも出せるようになると、もっと良いと思います。

ー準決勝・決勝と厳しい場面から盛り返したというのは、メンタル面の成長だと思いますが、それは東京オリンピックに向けて準備してきたことでしょうか?  
 全日本は全員が向かってくるので、どれだけリードされても逆転する準備はしてきていたので、いい準備は出来ていたんですけど、今日の最後には取り切れなかったので、まだちょっと足りなかったです。

ーオリンピックに向けてどのような気持ちで挑めそうですか?  
 準決勝まではいい試合だったんですけど、決勝の1試合でここまで戦った自信が一気になくなった感じがあるので、また一からやるしかないと思います。

ーこれまでオリンピックに向けて強化されてきたと思いますが、今日の試合でフォアハンドはどうだったでしょうか?  
 自分より相手の方が先に攻めてきたので、なかなか自分から良いボールが打てなかった。カウンターだったり、自分から攻めるボールがもっとあった方がいいと思いました。

ー光ったプレー、自分の中で一つ上げるとしたらどういったものがありますか?  
 今日はなかったです。

ー準決勝まではいい試合が出来て、決勝で最後にギアを上げられなかった要因はありますか?
  年が近いほうが相手も向かってくるので、高校生の二人には注意していたんですけど、全日本だからこそできるプレーをここでさせてしまったので、仕方ない部分もあるんですけど、そこを耐えて勝ててたらもっと成長できたなという悔しさはあります。

(まとめ=猪瀬健治)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事