1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. Tリーグ
  5. Tリーグ男子 〜琉球が木下にリベンジ!〜

Tリーグ男子 〜琉球が木下にリベンジ!〜

 ノジマTリーグ2020−2021シーズン男子第2戦は、木下マイスター東京と琉球アスティーダが対戦。開幕戦の再戦になった試合はビクトリーマッチまでもつれたが、琉球アスティーダが3対2で木下マイスター東京を振り切り、初勝利を挙げた。
 なお、試合は、新型コロナウイルスの感染対策を考慮し、リモートマッチ(無観客)で行われた。

宇田が気迫でビクトリーマッチに勝利!

 昨日の開幕戦で完勝した木下マイスター東京は開幕戦と変わらないオーダー。対して完敗した琉球アスティーダは、ダブルスに吉村和弘、シングルスに戸上隼輔有延大夢を起用するオーダーに変更してきた。

 第1マッチのダブルスは、琉球アスティーダのペア変更が功を奏す。昨日完敗を喫した田添健汰/及川瑞基(木下マイスター東京)に対し、吉村和弘/宇田幸矢の琉球アスティーダペアは、チキータでぐいぐい押してラリーの主導権を握る。木下ペアも必死に追いかけるが、琉球ペアは最後まで思い切った攻撃を貫き、ゲームオールジュースで勝利。木下マイスター東京から今シーズン初の勝ち点を挙げると同時に、琉球アスティーダに先取点をもたらした。

 第2マッチは、水谷隼(木下マイスター東京)と戸上隼輔(琉球アスティーダ)が対戦。前シーズンでは戸上(当時T.T彩たま)が水谷を下しているため、試合の行方が注目されたが、水谷が昨日に引き続き、さすがのプレーを見せた。水谷は、戸上の猛攻を巧みに外し、要所を締めるプレーでストレート勝利。試合を振り出しに戻した。

 第3マッチの及川瑞基(木下マイスター東京)対吉村真晴(琉球アスティーダ)は、見応えのある打撃戦になったが、吉村に軍配。昨日はいいところなく敗れた吉村だったが、今日は見事にスイッチを入れ直してくるあたりはさすがで、キレのある両ハンドとトリッキーな台上で難敵の及川を振り切り、琉球アスティーダが勝利に王手をかけた。

 第4マッチは、木下マイスター東京が大島祐哉、琉球アスティーダは有延大夢。
 勝ってチームの勝利を決めたい有延だったが、立ち上がりからなかなか硬さが取れない。一方の大島は、昨日の勝ちで自信を得たのか、序盤から集中力の高いプレーをキープし、有延にストレート勝利。試合を振り出しに戻した。

 1ゲーム勝負のビクトリーマッチ、木下マイスター東京は大黒柱の水谷、一方の琉球アスティーダは宇田を持ってきた。
 注目の新旧全日本王者同士の試合は、宇田が序盤から渾身の回り込みフォアハンドを連発し、水谷を引き離す。水谷も必死に食らいつくが、最後まで攻撃の手を緩めなかった宇田がそのまま突っ走り、琉球アスティーダが初勝利を決めた。

 昨日の屈辱的な大敗で、どうなることかと思われた琉球アスティーダ。しかし、オーダー変更の奏功に加え、選手個々が気持ちをしっかり立て直して見事にリベンジを果たした。

吉村和弘(右)/宇田はチキータからの両ハンドで攻め続けた

ペア変更が奏功し、琉球が先制


水谷はふところの深いプレーで戸上を完封

戸上は果敢に攻めたが、水谷の引き出しの多さに屈す


昨日と見違える動きを見せた吉村真晴は及川に勝利

及川は吉村真晴の積極的なプレーに飲み込まれた


大島は有延に完勝し、ビクトリーマッチへつなぐ

今シーズン初出場の有延は硬さが取れなかったか

宇田は思い切った攻撃で水谷に勝ち切った

ビクトリーマッチの宇田をベンチも盛大に後押し

<試合結果>
木下マイスター東京 2対3 琉球アスティーダ
第1マッチ 田添健汰/及川瑞基 -8,8,-10 吉村和弘/宇田幸矢○
第2マッチ ○水谷隼 5,7,10 戸上隼輔
第3マッチ 及川 瑞基 -10,9,-8,-10 吉村真晴○
第4マッチ ○大島 祐哉 -2,-8,-9 有延大夢
第5マッチ 水谷隼 -8 宇田幸矢○

詳しい結果はこちらからhttps://tleague.jp/schedule/detail.php?id=177

(取材=佐藤孝弘/猪瀬健治)

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事