1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 2021年
  5. 元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼〜ジュニア女子の行方〜

元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼
〜ジュニア女子の行方〜

 いよいよ2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11日より丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 今大会は昨年来、感染拡大を続けている新型コロナウイルスの影響で、無観客、ダブルス種目なしという特例的な措置が講じられている。卓球レポートでは大会に先駆けて、元全日本王者の渋谷浩が、シングルス4種目の組み合わせを参考に見どころを解説する。
 ここでは、ジュニア女子の優勝の行方を占ってもらった。

優勝候補の本命は木原美悠
大藤沙月、小塩遥菜がどこまで迫れるか

 女子シングルスでも優勝候補に挙げた木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)が、ジュニア女子でも優勝候補の本命だと見ています。昨年は5回戦で菅澤柚花里(四天王寺高)によもやのストレート負けを喫しているだけに、初優勝に向けて本人も期するものがあるでしょう。
 木原に次ぐ有力候補は、前回優勝の大藤沙月(四天王寺高)です。昨年はコロナ禍でジュニアのほとんどの大会が行われなかったので、大藤のプレーを見る機会はありませんでしたが、連覇に照準を合わせてしっかり調整してくると思います。
 木原と大藤は順当に勝ち進めば準々決勝で対戦します。その決戦を制した方が優勝する可能性が高いでしょう。
 昨年2位の小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)も優勝戦線に食い込む選手です。Tリーグの日本ペイントマレッツの選手として出場し、試合感は養えていると思うので、昨年のような快進撃を見せてくるかどうか注目したいと思います。
 昨年、小学5年生で4回戦まで勝ち進み、全日本序盤の話題をさらった張本美和(木下グループ)も注目です。進歩がめざましい年代なので、今年はどこまで勝ち進むのか楽しみです。
 そのほか、Tリーグで堂々たるプレーを見せている赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)もパワーのある選手なので、当たれば面白い存在です。

昨年5回戦で敗れた木原美悠は初優勝を目指す

連覇の期待がかかる大藤沙月

注目の小学6年生・張本美和。今年はどこまで勝ち上がるのか

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事