1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 2021年
  6. 2021年全日本卓球は静寂の中、ジュニア男女1回戦からスタート

2021年全日本卓球は静寂の中、ジュニア男女1回戦からスタート

 2021年(令和2年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11〜17日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会初日はジュニア男女の1回戦が行われた。

小学6年生の竹谷美涼は快勝で2回戦へ

中学生Tリーガーの篠原夢空も2回戦進出

ジュニア女子最年少の張本梓恩は初戦突破ならず

初戦を突破した今枝愛美。お父さんは名門・愛工大名電高監督の今枝一郎氏です

9歳の大野颯真。勝利は掴めなかったがポテンシャルを見せた

独創的なスタイルの安井崇は競り勝って2回戦へ

小学5年生の伊藤佑太も2回戦進出

 
 大会初日、例年なら、試合がスタートすると歓声がそこかしこから一斉にあがり、場内の熱気が一気に高まるのだが、無観客開催となった今年の全日本は静かなスタートとなった。それでも、ジュニア男女1回戦に登場した選手たちはフレッシュなプレーを見せた。

 女子シングルスにもエントリーしている小学6年生の竹谷美涼(初喜TTC)は小気味の良い速攻で快勝。
 2019年全日本カデット13歳以下女子シングルスを制し、Tリーグの日本生命レッドエルフにも所属している篠原夢空(貝塚第二中)も快調な速攻プレーで2回戦へ駒を進めた。
 ジュニア女子最年少の小学5年生・張本梓恩(Y.Y卓球クラブ)はベンチに入った父、張一博琉球アスティーダ監督が見守る前で善戦するも、田中梨々花(武蔵野中高)の落ち着いたプレーの前に初戦突破はならなかった。
 そのほか、今枝愛美(卓伸クラブ)、兼吉美花(正智深谷高)ら実力者が初戦突破を果たした。

 ジュニア男子1回戦には、今大会史上最年少となる9歳の大野颯真(ABBEY)が登場。鈴木耕大(育徳クラブ)と果敢に打ち合い、見どころをつくった。初戦突破はならなかったが、「目標とする選手は張本智和選手(木下グループ)。将来の夢はオリンピックで金メダルを取ることです」と力強く語った大野のこれからに注目だ。
 そのほか、ジュニア男子1回戦で際立っていたのは、安井崇(上宮高)。ペンホルダーながらフォア面の表ソフトラバーでチャンスをつくり、精度の高い裏面打法で仕留める独創的なスタイルで齋藤大耀(希望が丘高)に競り勝ち、2回戦へ。
 また、小学5年生の伊藤佑太(イトウTTC)もサウスポーからの快速連打を決めて2回戦へ駒を進めた。

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2021/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事