1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 2021年
  5. 2021年全日本卓球 松島、篠塚らが5回戦へ。吉山が敗れる波乱 ~ジュニア男子2~4回戦~

2021年全日本卓球 松島、篠塚らが5回戦へ。吉山が敗れる波乱 ~ジュニア男子2~4回戦~

 2021年(令和2年度)全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11〜17日まで丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 大会2日目はジュニア男子の2回戦から4回戦まで行われた。

星優真が攻めの姿勢を貫き、第1シードの吉山僚一を撃破!

初優勝を狙う松島輝空。5回戦で原田春輝のカットを打ち抜けるか

センスあふれるプレーを見せる篠塚大登も初優勝を狙う

2018年全中チャンプの谷垣佑真も虎視眈々と優勝を狙っている

濵田一輝は芝拓人(野田学園中)との接戦を切り抜けて5回戦へ

しなやかなプレーが光る加山雅基

田原翔太(明豊高)との接戦を制した萩原啓至

力強い両ハンドドライブが魅力の三浦裕大

順調に5回戦へ勝ち進んだ原田春輝。明日は松島輝空に挑む

将来性あふれるプレーを見せた小学5年生の川上流星

 
 ジュニア男子4回戦は第1シードの吉山僚一(愛工大名電高)が星優真(東山高)に敗れるという波乱のスタート。「想定以上に相手が攻めてきて、負けたくないという気持ちが強くなり、自分が受けて守る試合になってしまった」と吉山が振り返るように、星は恵まれた体格を生かした強打で吉山をぐいぐい攻め立て、下剋上を果たした。

 第1シードの吉山が敗れる波乱はあったが、そのほかは優勝候補と目される選手がおおむね5回戦に勝ち残った。
 前回、小学6年生で決勝まで勝ち進んだ松島輝空(JOCエリートアカデミー)は順当に5回戦へ。4回戦で三木隼(野田学園中)の粘り強い両ハンドにひやりとさせられた場面もあったが、最後は打球点の速い両ハンドで押し切った。「これだけ試合がなかったことで緊張や焦りがありましたが、そこを乗り越えたことがよかったと思います。一戦一戦大事にして優勝目指して頑張りたい」と松島。明日の9時30分から行われるカット主戦型の原田春輝(希望が丘高)との5回戦が初優勝への試金石になるだろう。

 松島とならび、優勝候補の篠塚大登(愛工大名電高)も好調だ。昨年末までTリーグのT.T彩たまでプレーしていた篠塚は、試合感があるせいか、持ち前の柔らかいタッチを存分に生かしたプレーを披露。本人も「広い会場で感覚が悪くなるかなと思っていたが、いい感覚でプレーできている」と初優勝に向けて手応えをつかんでいるようだ。

 そのほか、谷垣佑真(愛工大名電高)、萩原啓至(愛工大名電中)、濵田一輝(愛工大名電高)、加山雅基(愛工大名電中)ら愛工大名電勢に、パワフルなドライブが光る三浦裕大(遊学館高)、カット主戦型の原田春輝(希望が丘高)らが5回戦へ勝ち進んだ。

 また、3回戦で敗れたが、小学5年生の川上流星(新発田ジュニア)の活躍も光った。2回戦で力のある藤元駿(明徳義塾中)に競り勝ったプレーはセンスにあふれており、今後の成長が待ち遠しい逸材だ。

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2021/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事