1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. Tリーグ
  5. 卓球 Tリーグ男子 2021年2月21日までの結果 木下マイスター東京がレギュラーシーズン1位に

卓球 Tリーグ男子 2021年2月21日までの結果 
木下マイスター東京がレギュラーシーズン1位に

1位 木下マイスター東京【47】
2位 琉球アスティーダ【47】
3位 岡山リベッツ【31】
4位 T.T彩たま【23】
【 】は勝ち点

Tリーグ2020−2021シーズン、男子は2月20〜21日に2試合が行われた。

木下マイスター東京とT.T彩たまの試合は、木下マイスター東京が3-2で勝利した。1番のダブルスは田添健汰/松島輝空ペアが曽根翔と篠塚大登ペアに敗れたが、2番で大島祐哉が神巧也に勝ち、3番で張本智和松平健太に勝利。4番は水谷隼が英田理志に敗れ、ビクトリーマッチ(延長戦)は張本智和が英田理志に勝利した。

木下マイスター東京と岡山リベッツの試合は、木下マイスター東京が3-2で勝利した。1番のダブルスは水谷隼/大島祐哉ペアが上田仁/森薗政崇ペアに敗れたが、2番で及川瑞基が吉山僚一に勝ち、3番で張本智和が田添響に勝利。4番は大島祐哉が森薗政崇に敗れ、勝負はビクトリーマッチへ。木下マイスター東京が勝てばレギュラーシーズン1位に、負ければ琉球アスティーダがレギュラーシーズン1位となるという状況の中、前日に続いてビクトリーマッチに起用された張本智和が上田仁に勝利した。

この結果、レギュラーシーズン1位は木下マイスター東京、2位が琉球アスティーダとなった。勝ち点は両チームとも47で並んだが、総得失マッチ数で琉球アスティーダを上回った。プレーオフ ファイナルは2月26日に行われる。

写真は張本智和(木下マイスター東京)。2月21日のビクトリーマッチにて
写真提供=Tリーグ ©T.LEAGUE

【2月21日までの試合結果】
11月17日(火) KM東京 4-0 琉球
11月18日(水) 岡山 1-3 彩たま
11月18日(水) KM東京 2-3 琉球
11月19日(木) 琉球 3-1 岡山
11月20日(金) 彩たま 3-1 KM東京
11月21日(土) 彩たま 1-3 琉球
11月21日(土) KM東京 3-1 岡山
11月22日(日) 琉球 3-2 岡山
12月4日(金) 彩たま 1-3 琉球
12月5日(土) KM東京 1-3 琉球
12月10日(木) 彩たま 2-3 岡山
12月11日(金) 岡山リベッツ 2-3 琉球
12月11日(金) KM東京 3-2 彩たま
12月14日(月) T.T彩たま 1-3 琉球
12月15日(火) KM東京 2-3 岡山
12月16日(水) 岡山 1-3 琉球
12月17日(木) KM東京 4-0 琉球
12月20日(日) 岡山 3-2 彩たま
12月22日(火) 彩たま 1-3 岡山
12月22日(火) 琉球 3-2 KM東京
12月23日(水) 琉球 3-2 T.T彩たま
12月23日(水) 岡山 0-4 KM東京
12月24日(木) 岡山 1-3 琉球
1月20日(水) 彩たま 0-4 木下
1月21日(木) 彩たま 1-3 岡山
1月29日(金) 琉球 3-1 KM東京
1月30日(土) 琉球 2-3 KM東京
1月30日(土) 岡山 3-1 彩たま
1月31日(日) 岡山 1-3 KM東京
1月31日(日) 琉球 3-1 彩たま
2月6日(土) 琉球 3-2 彩たま
2月7日(日) 琉球 1-3 岡山
2月9日(火) 木下 1-3 彩たま
2月11日(木) 岡山 3-2 彩たま
2月13日(土) 彩たま 2-3 木下
2月13日(土) 岡山 3-2 琉球
2月14日(日) 彩たま 3-1 琉球
2月14日(日) 岡山 2-3 木下
2月18日(木) 木下 4-0 岡山
2月19日(金) 木下 3-1 彩たま
2月20日(土) 木下 3-2 彩たま
2月21日(日) 木下 3-2 岡山

【今後の試合予定】
2月26日(金)16:30 プレーオフ ファイナル <アリーナ立川立飛>

KM東京=木下マイスター東京
岡山=岡山リベッツ
彩たま=T.T彩たま
琉球=琉球アスティーダ

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事