1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 第48回全国高校選抜卓球大会〜男子単は池田、女子単は芝田が優勝〜

第48回全国高校選抜卓球大会
〜男子単は池田、女子単は芝田が優勝〜

第48回全国高等学校選抜大会が3月25〜28日、サオリーナ(三重県津市)で開催された。
選抜大会は新学期を間近に控えた1・2年生による学校対抗の団体戦と、過去に選抜大会やインターハイ、全日本選手権大会などへの出場経験がない選手による男女シングルスが行われる大会だ。
男子シングルスは池田暁仁(岐阜・関商工)、女子シングルスは芝田有里(福井・敦賀)がそれぞれ優勝した。

●男子シングルス優勝 池田暁仁(市川)

男子シングルス優勝の池田

パワフルなフォアハンドドライブが光った

カット主戦型の本坊は2位

サウスポーの萬はキレのあるドライブで3位に

小松はバランスの良いプレーで3位

【男子シングルス 決勝】
池田 -6,7,9,-5,7 本坊

 男子シングルス優勝の池田暁仁(関商工)は、決勝でカット主戦型の本坊の変化を読み、得意のフォアハンドドライブで接戦を制した。
 2位の本坊啓史朗(市川)は守備範囲の広いカットと後陣からの攻撃が光った。
 3位には、萬駿介(市立浦和南)と小松敏輝(岩村田)が入った。

●女子シングルス優勝 芝田有里(敦賀)

女子シングルス優勝の芝田

丁寧なカットで得点を重ねた

2位の小宮山はテンポの良い攻撃が光った

勝田は前陣両ハンドで3位に

池は威力のあるドライブで3位

【女子シングルス 決勝】
芝田 5,-9,7,8 小宮山

 女子シングルス優勝の芝田有里(敦賀)はバック面に表ソフトラバーを貼るカット主戦型。一番の山場だったという決勝も落ち着いた守備からチャンスを見いだして安定感のあるプレーを見せた。
 2位の小宮山朋香(新潟青陵)はテンポの良い攻撃が光ったが、芝田のカットを崩しきれず。
 3位には、勝田芽依(川崎橘)と池松怡(大阪朝高)が入った。

<p>(取材=佐藤孝弘)

詳しい記録は全国高体連卓球専門部ホームページに掲載されています。
全国高体連卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事