1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 富山インターハイ2021
  6. 富山インターハイ 「やっと全国タイトルをつかめた」横井咲桜 〜女子シングルスの選手コメント〜

富山インターハイ 「やっと全国タイトルをつかめた」横井咲桜 〜女子シングルスの選手コメント〜

 2021年8月12日〜17日、富山市総合体育館(富山県)にて第90回全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ)が開催。
 ここでは、女子シングルス優勝の横井咲桜(四天王寺)、2位の大藤沙月(四天王寺)、3位の枝廣愛(就実)の試合後のコメントを紹介する。


●女子シングルス優勝・横井咲桜選手のコメント


やっと全国タイトルをつかむことができました。つかめてよかったです
 準決勝(菅澤柚花里/四天王寺)も決勝(大藤沙月/四天王寺)もゲームカウント0対2というキツい状態から勝つことができて、今すごくほっとしています。決勝の前半はただボールを相手コートに入れている状態だったので、もう攻めるしかないという強い気持ちで戦いました。
 三冠はずっと目標にしてきて、宣言もしてきたので、それがかなってむちゃくちゃうれしいです。
 大藤さんとは、部内の練習試合では勝てていましたが、公式試合では勝ったことがありませんでした。全日本(2021年全日本卓球ジュニア女子決勝)でも0対3で負けていたので、勝つことができてうれしいです。
 3ゲーム目からは、弱い気持ちを捨てて、全部強気で相手に負けないくらいの気持ちで戦いました。やっと全国タイトルをつかむことができました。つかめてよかったです。

●女子シングルス2位・大藤沙月選手のコメント


最後の最後まで自分を信じてプレーできたらよかった
 三冠を目指して1年前から準備してきたのでとても悔しいです。
 大会中は、自信を持ってプレーできていたので、最後の最後まで自分を信じてプレーできたらよかったかなって思います。
 必ず来年は三冠を達成して、次の年のパリオリンピックに出られるように頑張ります。

●女子シングルス3位・枝廣愛選手のコメント


インターハイ全部を通して点数をつけるなら80点
 ここで満足してはいけないんですが、今まであまりなかったベスト4という結果はうれしいです。
 準々決勝の白山さん(白山亜美/明徳義塾)はテンポが速くて、自分はそういう選手が嫌いではないので、よく返してきても、自分が攻めきろうという気持ちで頑張りました。
 5回戦の面田(面田采巳/四天王寺)さんとの試合は、1、2ゲーム目は一方的にやられて、自分から何もできていなかったので、3ゲーム目からは思い切っていこうと思って、振り切っていきました。
(準決勝の)大藤さん(大藤沙月/四天王寺)は一球一球の質が高すぎて、勝負になりませんでした。
 インターハイ全部を通して点数をつけるなら80点です。残りの20点は四天王寺が強すぎて、自分の弱さを感じました。

卓レポツイッターもぜひご覧ください!

詳細な大会記録はこちら
卓球 (8月17日) | 北信越総体 2021https://kirokukensaku.net/0IH21/discipline_060_20210817.html

(取材=佐藤孝弘/猪瀬健治)



\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事