1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 全国ホープス卓球大会 女子団体はヒゴ鏡卓球クラブが初優勝

全国ホープス卓球大会 女子団体はヒゴ鏡卓球クラブが初優勝

 8月16〜18日まで、第39回全国ホープス卓球大会が、京都市立体育館(京都)で開催され、女子の部はヒゴ鏡卓球クラブ(熊本)が初優勝した。今大会も2019年以来、2年ぶりの開催となった。
 感染対策を目的とした時間短縮のため、予選リーグから決勝トーナメント準々決勝までは3ゲームマッチ(3ゲーム目は6-6から)、チェンジコートなし、という変則的なルールで行われたが、最終日の準決勝からは、5ゲームマッチ、チェンジコートありの通常ルールで行われた。

ヒゴ鏡卓球クラブが念願の初優勝

山田が丁寧なツッツキで相手エースを破り貴重な1点

度重なるジュースを乗り越えて、竹本監督と渾身のグータッチ

深山はバランスのよい両ハンドで快勝

山田(右)/本郷の変則ペアで初優勝を決めた


念願の初優勝を決めて歓喜の抱擁

●女子団体決勝
 ヒゴ鏡卓球クラブ(熊本) 3-0 ALL STAR(兵庫)
○深山 7,12,9 張本
○山田 9,4,14 井上
○山田/本郷 5,8,2 張本/長福
 深山 - 井上
 本郷 - 長福

 女子団体決勝は、全日本選手権大会ホープスの部(以下、ホープス)3位の深山を軸に、カットの山田、攻撃型の本郷というメンバーで決勝まで勝ち上がってきたヒゴ鏡卓球クラブと、異質型で実力者の井上を中心とした張本、井上の3人のメンバーで激戦をくぐり抜けてきたALL STARの対戦となった。
 ポイントとなったのは2番。カットの山田が、井上のフォア側にツッツキを徹底的に集める戦術でストレート勝ち。3番のダブルスは、ヒゴ鏡卓球クラブのカットと攻撃の変則ペアが連係のよいプレーでストレート勝ち。念願の初優勝を果たした。

●ヒゴ鏡卓球クラブ・竹本泰彦監督のコメント
「これまで決勝に2回、3位2回、表彰台に4回登って、ベスト8も1回ありましたが、日本一はなかなか上れそうで上れない。それでやっと上れて、子どもたちともこういう場を共有させてもらって感謝ですね。
 幼稚園の年長さんくらいの小さい時から、あの子たちはずっと預かって、日本一を目指すぞと口を酸っぱくして言ってきて、それを本当に達成してくれた子どもたちの成長、頑張りにはびっくりしますし、感激しました。
 全員、一人一人が1点取るんだという気持ちでやってくれて、深山がホープスで3位ですが、3人とも力があるので『3人エースだからね。3人で3点取ろう』というのをずっと言ってきたので、決勝も苦しい試合でしたが、山田が頑張って、その勢いもそのままダブルスで勝ってくれて、予想以上のできでした」

2位 ALL STAR(兵庫)

兵庫の強豪チーム・ALL STARが2位に

エースの井上はシングルス2点起用で活躍

攻撃力の高い張本(右)/長福

3年生の齋木はベンチから元気よく応援

 2位は木原美悠の在籍時代に優勝経験もあるALL STARは、準々決勝、準決勝と続けて3対2の接戦を乗り越えて決勝へ。
 決勝では実力を発揮できなかったが、エースの井上は攻撃型の相手には高い対応力を見せ、木原を彷彿とさせる異質型らしい鋭いバックハンドと決定力の高いフォアハンドで勝ち点を重ね、準決勝ではホープス優勝の香取を破り、決勝進出に貢献した。張本と長福はダブルスでも活躍。長福は準決勝のラストで、気の遠くなるようなツッツキ合いをフォアハンド攻撃で決めた。

3位 徳増卓球クラブ(静岡)、卓桜会 栃木卓球センター(栃木)

徳増卓球クラブは準々決勝でT.Cマルカワを破りベスト4入り

エースの岩見百恵はラリー戦に強さを見せた

卓桜会 栃木卓球センターは惜しくも決勝進出を逃し3位

エースのホープス王者・香取はポイントゲッターとして活躍

詳しい記録はこちらから
日本卓球協会:https://jtta.or.jp/tour/825

(取材=佐藤孝弘/猪瀬健治)



\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事